学童フッ化物洗口事業

歯医者さん治療中イラスト

フッ化物洗口のすすめ

 中津市では、小学校1年生~6年生に、フッ化物洗口を勧めています。
歯が生えかわる時期からフッ化物洗口を定期的に行うことで、むし歯予防の高い効果が期待できます。

新着お知らせ

  • 学童フッ化物洗口事業の概要 (2017年03月22日 地域医療対策課)
    学童フッ化物洗口事業  中津市では、1歳6か月児~就学前までのお子さんには『フッ化物塗布』、学童期のお子さんには『フッ化物洗口』を勧めています。  フッ化物は指示された量を守って使え... 続きを読む
  • フッ化物洗口事業の概要 (2015年04月01日 地域医療対策課)
    むし歯予防  大分県の12歳児一人あたりのむし歯本数は平成25年度で1.7本であり、全国ワースト3位となっています。また、中津市は大分県内の市町村別で見ても県下ワースト5位で学童期にお... 続きを読む

読んでおきたい記事