出産時の健康保険適用診療費

考える女医さんのイラスト

出産にかかる健康保険適用の自己負担費用

 出産の場合、基本的に健康保険の適用外ですが、例えば、帝王切開で出産した場合には、手術料、麻酔料、投薬料、入院監理料なとについて健康保険が適用されます。
(分娩介助料、新生児介助料やベッド代、食事代などについては通常の出産の方と同じく自費となります)
 これら健康保険適用範囲の医療費が高額になった場合は、申請手続を行うことにより後日還付(払い戻し)を受けられる場合があります。また妊婦健康診査などにより、事前に帝王切開での出産が分かっている場合(予定帝王切開)は、限度額適用認定証を提示することで、医療機関で支払いを自己負担限度額までに抑えることも可能です。

読んでおきたい記事