7月

2017年09月16日
御神輿のお立ちに際して奥塚市長の挨拶
御神輿のお立ち前に奥塚市長が挨拶
御神輿のお立ち前の様子
御神輿のお立ち前の様子
稚児行列の子ども達と
稚児行列の子ども達

 平成29年9月16日土曜日、薦神社で仲秋祭が始まりました。御神輿のお立ちに際し、奥塚市長は「1200年の歴史を誇る薦神社の「仲秋祭」が始まりました。この長い歴史も、ひとえにこの祭事を絶やすまいとする、地域の総代の皆さまをはじめ多くの皆さまのご尽力の賜物と、心から敬意を表します。」と挨拶をしました。御神輿のお立ちの後は、仲秋祭の稚児行列に参加する子ども達とも触れ合いました。

2017年09月10日
「2018台中フローラ世界博覧会PRレセプション」参加者の皆さんで記念撮影
「2018台中フローラ世界博覧会PRレセプション」に参加された皆さんと記念撮影
大分県の二日市副知事に、台中市の林副市長から「2018台中フローラ世界博覧会」記念サイクルジャージが贈られました。
大分県の二日市副知事に、台中市の林副市長から「2018台中フローラ世界博覧会」記念サイクルジャージが贈られました。
奥塚市長にも、台中市の林副市長から、「2018台中フローラ世界博覧会」記念サイクルジャージが贈られました。
奥塚市長にも、台中市の林副市長から、「2018台中フローラ世界博覧会」記念サイクルジャージが贈られました。
奥塚市長が、中津市からの記念品として木製プレートを贈りました。

中津市からも友好の証として、木製プレートや焼酎などの特産品をお贈りしました。 

奥塚市長が、中津市からの記念品として焼酎を贈りました。

 平成29年9月10日日曜日、「2018台中フローラ世界博覧会PRレセプション」が開催されました。このレセプションは、2018年(平成30年)11月3日(土)~2019年(平成31年)4月24日(水)まで、世界花博覧会が台湾台中市で開催されるにあたり、そのPRのために開催されたものです。レセプションでは、台中市の林 陵三(リン・リュウサン)副市長が、「大分県の皆さんをはじめ、多くの日本の皆さんに、是非この「台中フローラ世界博覧会」へお越しいただきたい。そして、台湾のサイクリングロードを是非お楽しみください。」と挨拶をされました。その後、台中市の方々、世界最大の自転車メーカーである台湾のGIANT社のトニー・ロー(羅祥安)前最高経営責任者(CEO)など、台湾からの訪問団の皆様と、大分県、中津市、別府市、由布市などの関係者の皆さんで懇談をしました。
 明日は、台中市と中津市が今年(平成29年)2月に「サイクルツーリズム及び観光友好交流の促進に関する協定」を締結したことから、台湾からの訪問団の皆さん45名もの方が、「メイプル耶馬サイクリングロード」をサイクリングします。
 サイクリングターミナルでは、8月末にGIANT(ジャイアント)社製の自転車を50台整備しています。これから秋の行楽シーズン、サイクリングを楽しんでみませんか。

2017年08月01日
市長あいさつの様子2
市長あいさつの様子

 平成29年8月1日火曜日、ダイハツ九州スポーツパーク大貞にて「第12回なかつ100km徒歩の旅」出発式が開催されました。
 このイベントは子どもたちが5日間で100km歩き抜くことで「生きる力」を育むことを目的としており、本日より小学生34人が市内を1日20km歩き、5日後に中津城にゴールする予定です。
 開会式にて奥塚市長は、「みなさんに3つのことをお願いしたいと思います。1つ目は、100kmは長く過酷ですが、どれだけ頑張れるか、自分を鍛える機会にしてほしいと思います。2つ目は、多くの仲間を作り、仲間を信じ、助け合うことも覚えてほしいと思います。そして、3つ目は、中津を歩くことで、車では気づかない色々なこと、川や山などを体で実感してほしいと思います。そして、終わったあとは今よりもずっと自信を持って、学校生活を送って、家族を大切してください。みなさん頑張ってください!」とエールを送りました。

2017年07月30日

 平成29年7月30日日曜日、ダイハツ九州アリーナで「第13回大分県整骨旗争奪少年柔道大会・第26回文部科学大臣杯争奪日整全国少年柔道大会予選会」が開催され、県内の小学生約300人が参加しました。
 奥塚市長は、「柔道は体を鍛え、心を鍛え、相手を思いやる気持ちを育てるスポーツです。オリンピックの種目にも選ばれており、日本から世界につながっています。本日は、日頃の練習の成果をおもいっきり出し切って頑張ってください。」と挨拶をしました。

奥塚市長
奥塚市長あいさつ
開会式
開会式
 
選手宣誓
選手宣誓
個人戦
個人戦
 
2017年07月30日
龍王町
練り込みの順番を静かに待っています
市長あいさつ
奥塚市長の挨拶
桜町
練り込みが始まりました!
 平成29年7月29日土曜日、「中津祗園開会式」が福沢通りのお祭り広場で開催されました。
 奥塚市長は「いよいよ中津祗園が始まりました。中津祗園保存協議会のみなさんが準備を重ねていただいたことに感謝申し上げます。中津祗園は中津を元気にするお祭りで、今年は特に三つの意味があると思っています。一つ目は日本遺産です。中津・耶馬渓の歴史・文化のストーリーが認定され、中津祗園もその一助となったものと思っております。二つ目は情報発信の力が大きく上がってきました。大分市でパフォーマンスをしたと聞いております。そうした活動をみんなでやっていきたい。三つ目は九州北部豪雨がありました。風評被害を払拭し、元気な中津を発信していきましょう。」と挨拶をしました。
2017年07月29日
かっぱまつりを見学する奥塚市長
宮園楽かっぱ祭り

 平成29年7月31日土曜日、耶馬溪町大字宮園雲八幡神社にて宮園楽(かっぱ祭り)が開催されました。この行事は、約300年前から伝えられてきた郷土民芸で、源氏に追われた平家の落人の妄念が、カッパに化けて農作物を荒らし、牛馬に災いをなし、さらには、水辺で遊ぶ子どもたちの生命をも奪うことから、そのカッパの霊を慰めるため、この神事を氏神の神前に奉納して人畜の守護や厄払い、あわせて五穀豊穣を祈願するものです。

2017年07月29日
第33回インターアクト年次大会開会式
市長挨拶

 平成29年7月29日土曜日、学校法人扇城学園東九州龍谷高校にて第33回インターアクト年次大会開会式が開催されました。インターアクトとは、インターナショナルアクションクラブの略であり、ロータリークラブの提唱で地域(主に高校)に作られる奉仕活動団体です。中津市では、東九州龍谷高校にクラブ活動として設置されており、薬物乱用防止啓発活動や募金活動などの社会奉仕活動を行っています。
 今回の年次大会では、大分熊本地域にあるインターアクトクラブ18クラブ総勢300名程が中津に集まり、お互いの活動報告会等を実施し、クラブメンバー同士の交流を深めました。

2017年07月28日
夜空を彩る花火
夜空を彩る花火
奥塚市長の挨拶
奥塚市長の挨拶
小祝グラウンドで花火を楽しむ観客の皆さん
小祝グラウンドで花火を楽しむ観客の皆さん
 平成29年7月28日金曜日、「中津市民花火大会」が小祝漁港周辺で開催されました。奥塚市長は「この市民花火大会は、中津祇園の初日を鮮やかに彩る、そして、多くの皆さんが心待ちにしている花火大会です。この花火大会の開催にあたりご尽力いただきました実行委員会の皆さん、会場の警備等でご協力をいただいている中津警察署の皆さんをはじめ、大会を支えていただいています多くの皆さんに心から感謝いたします。この花火大会で中津の元気を届けましょう!」と挨拶をしました。夜空を彩る美しい花火に小祝グラウンドに集まった多くの観客の皆さんから拍手と歓声があがりました。
2017年07月27日
奥塚市長のあいさつ
委員会の様子
 

 平成29年7月27日木曜日、市役所で第1回中津市歴史博物館(仮称)活用推進委員会が開催されました。
 奥塚市長は「中津市は歴史や文化の宣伝が上手くないと言われており、歴史施設や文化施設を十分には活用できていません。そこで、歴史博物館は子どもから高齢者まで幅広い世代で利用でき、市外の方が訪れた際には、中津を知る足がかりとなるような施設になるよう計画しています。委員のみなさんには活発な議論をしていただき、さまざまな意見を賜りますようお願いいたします。」と挨拶しました。

2017年07月26日
記念撮影
表彰状授与

 平成29年7月26日水曜日、100歳を迎えたお祝いのため、燦燦館東なかつを訪問し、久保 河次さんに表彰状と記念品を贈りました。
 久保さんの長寿の秘訣は、食事をよく食べ、大好きなビールを飲み、カラオケや将棋など趣味を嗜むことだそうです。

2017年07月26日
市長あいさつの様子
総会の様子

 平成29年7月26日水曜日、ヴィラルーチェにて中津日田間高規格道路促進期成会総会が開催されました。今回の総会では、平成28年度の事業・決算報告及び平成29年度事業計画・予算案についての協議が行われました。
 当会会長の奥塚市長は「今回の九州北部豪雨でもライフラインがいかに重要であるか実感した集中豪雨でしたが、このような中で本耶馬渓と耶馬溪を結ぶ高規格道路が完成していたことがまさにその力を発揮しました。5年前もそうでしたが、今回改めてこの高規格道路が産業流通を継続させ、生活に守るために必要なものを運ぶ「命をつなぐ道」であることを再認識されました。今日ご出席いただきました皆さま方には、この高規道路完成に向け、引き続きのご支援・ご協力をお願い申し上げます」と挨拶をしました。
 

2017年07月26日
市長挨拶
平成29年度「耶馬の森林」育成協議会総会

 平成29年7月26日水曜日、中津市役所にて平成29年度「耶馬の森林」育成協議会総会が開催されました。奥塚市長は、「7月5日に九州北部を襲う豪雨災害が発生しました。この災害により、私たちは改めて森林整備による事前防災の重要性を認識致しました。私たちの『耶馬の森林』は、豊かな水を育むだけでなく、私たちを災害から守ってくれています。さらに、木々の彩りを季節ごとに変え、日本遺産にも認定された耶馬溪独特の奇岩・秀峰と相まって、私たちに憩いと安らぎを与えてくれています。この美しく豊かな『耶馬の森林』を後世に残すためにも、私たち一人ひとりがたゆまぬ努力を続けなければなりません。こうした本協議会の取組みが、植樹の集いなどを通じて、住民同士の交流の輪となり、さらに大きく広がっていくことを期待しています。」と挨拶をしました。

2017年07月26日
記念撮影
奥塚市長のあいさつ
 
選手の決意表明
懇談の様子
 

 平成29年7月26日水曜日、市役所で中津北部ネイビーブルーの全国大会出場報告会が行われました。
 奥塚市長は「大分県予選の試合を見ましたが、みなさんとても強かったです。全国大会まで精一杯練習して、全力で頑張ってください。みんな応援しています」と激励の言葉を述べました。

 
2017年07月26日
記念写真
感謝状の伝達
 

 平成29年7月26日水曜日、市役所で長野 淳雄氏の法務大臣感謝状伝達式が行われました。
 長野氏は12期37年に渡り人権擁護委員として、人権相談や啓発活動を通じた地域住民の人権保護活動に貢献されました。その功績に対して、法務大臣からの感謝状を大分地方法務局中津支局長から伝達されました。

2017年07月25日
 
奥塚市長のキックオフ!
奥塚市長のキックオフ!
お父さん達も頑張ります
お父さん達が頑張ります。
お母さん達も頑張ります
お母さん達も一生懸命です。
子ども達も頑張ります
そして、最後に子ども達。頑張れ!

 平成29年7月25日火曜日、永添運動公園サッカー場で平成29年度第30回中津市親子サッカーナイター大会が開催され、約500人が参加しました。
 奥塚市長は、「こうしたイベントを通して、みなさんがスポーツを、そして、中津市を愛していただきたい。どうかみなさん、ケガのないよう楽しんでください。」などと挨拶をしました。

2017年07月25日
渡辺製作所
立地表明

 平成29年7月25日火曜日、大分県庁にて渡辺製作所の立地表明が行われました。詳細はこちら

2017年07月25日
市長挨拶
平成29年度大分北部地区森林・林業活性化協議会委員会

 平成29年7月25日火曜日、大分県中津総合庁舎にて平成29年度大分北部地区森林・林業活性化協議会委員会が開催されました。奥塚市長は、「今年の6月より中津港から、この北部地域のスギ・ヒノキ材を含んだ素材の中国への輸出が始まりました。全国的にスギ・ヒノキ人工林が成熟期を迎え森林資源が充実している中にあって、需要先の開拓が重要な時期になっています。地域が一丸となって需要拡大に努め、多方面へ販路を拡大していく取組みが、なお一層必要ではないかと考えています。」と挨拶をしました。

2017年07月25日
市長挨拶
平成29年度大分北部流域林業活性化センター総会

 平成29年7月25日火曜日、大分県中津総合庁舎にて平成29年度大分北部流域林業活性化センター総会が開催されました。奥塚市長は、「これまで大分北部流域は、造林・間伐等の推進による素材提供や世界農業遺産への認定でも大きな役目を果たした乾椎茸の生産などにより林業の振興が図られてきました。国内林業全体では、かつての建築用木材の供給を目的とする林業生産活動から、再生エネルギーとして、注目を集めている木質バイオマス発電所への木材供給など、莫大な量の丸太供給が必要になっています。昨今の厳しい状勢の中、限られた予算でより効率・効果的な運営が求められていますが、当流域の活性化に向けて一層努力していきましょう」と挨拶をしました。

2017年07月24日
平成29年度一般国道212号改修促進期成会定例総会
市長挨拶

 平成29年7月24日月曜日、日田市役所にて平成29年度一般国道212号改修促進期成会定例総会が開催されました。奥塚市長は当期成会の副会長を務めており、先の平成29年7月北部九州豪雨災害を受け、「災害等により主要な幹線道路が寸断されるということは、我々の社会生活に甚大な影響を受けるということであり、改めて自然の脅威を思い知らされるところです。国道212号の全面改修と道路機能の充実を目指し、災害に強いまちづくりを実現させるため、活発な討議を行いましょう。」と開会の挨拶を述べました。
 総会の議事内容として、平成28年度整備実績や、平成29年度整備計画、予算についてなどの協議が行われました。

2017年07月21日
協定書を手に記念写真
協定調印の様子

 平成29年7月21日金曜日、中津市と日本下水道事業団との間で災害支援協定を締結しました。
 奥塚市長は「日本下水道事業団のみなさまには、これまでも災害の際にご支援いただいておりましたが、今回、改めて協定を結ぶことにより、万一の災害の際には、みなさまの深い知見と行動力とともにより早急かつ着実に下水道施設の復旧にあたることができます。今後のご協力をどうぞよろしくお願い申し上げます」と挨拶しました。