男女共同参画社会 実現のための『道しるべ』「ともに生き活きプランなかつ」の策定

Google+でシェア
Facebookでシェア

公開日 2004年03月31日 00時00分

最終更新日 2015年03月07日 09時53分

平成11年6月、男女共同参画社会の実現に向け、「男女共同参画社会基本法」が公布施行されました。
中津市では、平成15年7月、「中津市男女共同参画プラン策定懇話会」が発足し、具体的な目標となる基本計画「ともに 生き活きプラン なかつ」が、平成16年3月に策定されました。
市民協働で取り組むプランについて、お知らせします。

 

基本計画の体系

男女平等のための意識づくり (意識改革・教育)
 (1)
   男女共同参画社会形成のための意識啓発・意識改革のための啓発
 (2)
   男女共同参画の視点に立った教育・学習の推進
   男女共同参画の視点に立った家庭教育の推進
   保育園・幼稚園・学校における男女共同参画教育の推進
   生涯にわたる男女共同参画学習の推進
 (3)
   社会活動や家庭生活における男女共同参画の促進
   地域・社会活動での意識改革と啓発
   家庭生活における男女共同参画意識の啓発


男女共同参画のための社会環境づくり(地域・労働)
 (1)
   地域活動への男女共同参画の促進
   各種団体・地域活動への支援
 (2)
   就業機会の拡大と労働環境の整備促進
   職場における男女均等の推進
   ともに働きやすい環境の整備
   パートタイマー・派遣・家内労働者の就業条件の整備
   女性の就業・再就職の支援
   女性起業家などに対する支援
 (3)
   農林漁業・商工業などの自営業における男女共同参画の促進
   就業条件の整備と地位向上の推進


男女が共に自立し、安心して活躍できる生活づくり(健康・福祉)
 (1)
   生涯にわたる健康の維持・増進
   健康に関する事業の推進
   母性保護・母子保健の充実
 (2)
   多様な家族形態に対応した施策の充実
   ひとり親家庭に対する福祉施策の向上
   多様な家族形態を認めあう意識啓発
 (3)
   高齢者などの生活と社会参画支援
   生きがい対策、生活自立支援の充実・推進
   高齢者・障害者福祉サービスの充実
 (4)
   子育て支援の充実・施策の推進
   子育て支援制度の充実


人権の尊重と男女共同参画促進の環境づくり(人権・暴力・共同参画)
 (1)
   女性に対するあらゆる暴力の根絶
   暴力をなくすための基盤づくり
 (2)
   人権尊重・人権擁護の体制づくり
   人権としての性を尊重する教育・意識の啓発
 (3)
   政策・方針決定の場への女性の参画促進
   各種審議会など委員への女性の参画促進
   各種団体や企業における女性の参画・登用促進
   女性の人材育成と確保
 (4)
   国際化社会における理解と協調
   国際感覚の向上
   在住外国人と地域における国際交流の推進

 

計画の推進

(1)
  ・計画推進体制の整備
  ・庁内推進体制の整備・充実
  ・市民との連携
  ・関係機関・団体との連携
  ・男女共同参画条例の調査・研究
  ・各種課題の調査・研究
  ・男女共同参画推進は、市民一人ひとりの生活環境や考え方などの違いから、
   統一的な対応は難しい面があります。
  ・また、男女共同参画への認識は、年齢や性別でも大きな違いがあることが
   市民意識調査からもうかがえました。
  ・まず、家庭や職場、地域などでの自分自身の日常生活をチェックし、
   取り組めそうな課題から家庭や職場の同僚と相談して進めてみましょう。


講師の派遣
  人権啓発推進課では、人権問題に関する学習会や研修会に、地域や事業所などへ
  講師の派遣をしています。申込み手続きは簡単です。

  いつでも(日時) 平日、土曜日、日曜日、祝日、夜間でも伺います。
  何人でも(人数) 少人数(2,3人)でも伺います。

  ※申込方法 人権啓発推進課にお気軽にお電話ください。

 

計画策定の趣旨

 女性政策確立の動きは、国連の先駆的な取組に連動し、国内においても関連法や諸制度の整備がすすめられてきました。
 また、近年の少子・高齢化の進展や社会経済情勢の急激な変化にともない、豊かで活力のある社会に対応するうえで、男女が互いにその人権を尊重しつつ、個性と能力を十分に発揮できる社会環境や価値観の創造が極めて重要な課題となっています。
 しかし、今なお私たちの社会生活の中でも特に意識や慣習の面において、男女共同参画社会実現の支障となる諸課題(固定的な性別役割分担や政策・方針決定の場への参画、職場における能力発揮、家庭や地域における役割や活動など)が根強く残っています。
 このような状況や変化に対応して、市民一人ひとりがいきいきと、心豊かに日々の生活を送ることができる社会の実現をめざし、あらゆる分野で男女がともに協力し、性別に関係なく、個性や能力を発揮できる男女共同参画社会の形成が必要となってきています。
 本市においても、このような動向や新たな課題に対応するため『ともに 生き活きプラン なかつ』を策定しました。

 

計画の基本的な考え方

 わが国では、憲法に「個人の尊重」と「法の下の平等」がうたわれ、男女平等社会の実現に向けた様々な取組の推進と国際社会での動きとが連動し、様々な分野への女性の社会進出が進むとともに生活の多様性と選択性が現実のものとなりました。
 本市は、「男女共同参画社会基本法」の基本理念を尊重しつつ、激変する社会・経済環境下において、男女が社会の対等な構成員として、自らの意思によって社会のあらゆる分野における活動に参画する機会が確保され、男女が均等に利益を享受することができ、ともに責任を負う男女共同参画社会の実現をめざします。
 

 

計画の性格と期間

 1・計画の性格
  (1) この計画は、個人の尊厳と男女平等をうたった日本国憲法の精神を基本理念とし、
     女子差別撤廃条約や国の男女共同参画社会基本法及び基本計画、
     県の「おおいた男女共同参画プラン」の趣旨を踏まえています。
  (2)この計画は、中津市男女共同参画プラン策定懇話会からの提言を踏まえて作成したものです。
  (3)この計画は、男女共同参画社会実現のため、市民の理解や協力を得ながら、市民、各種団体、
    企業、行政などが一体となって推進するものです。
 

2.計画の期間
 この計画は、「第三次中津市総合計画」と同じく10年間を基本としつつ、当面の計画期間としては「第三次中津市総合計画」の目標年次である2007(平成19)年とします。

 

計画の内容

 基本目標1 男女平等のための意識づくり(意識改革・教育)
 基本目標2 男女共同参画のための社会環境づくり(地域・労働)
 基本目標3 男女が共に自立し、安心して活躍できる生活づくり(健康・福祉)
 基本目標4 人権の尊重と男女共同参画促進の環境づくり(人権・暴力・共同参画)

 

計画の推進体制

(1)庁外推進の取組
(2)庁内推進体制の確立
(3)国、県、関係機関・団体との連携
 

計画の体系について[PDF:8KB]

お問い合わせ

生活保健部 人権啓発推進課
住所:〒871-8501 大分県中津市豊田町14番地3
TEL:0979-22-1229
FAX:0979-24-7522
備考:迷惑メール防止のため @ は _アットマーク_ と標記していますので変更してください
PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード  新しいウインドウで表示

このページについてお聞かせください