国民年金のしくみ

Google+でシェア
Facebookでシェア

公開日 2012年04月01日 00時00分

最終更新日 2015年03月10日 17時28分

 私たちが老齢になったとき、病気やケガで障害が残ったとき、被保険者が亡くなったときなど給付条件に該当した人に基礎年金を支給し経済的な支えを行うことを目的としています。


 国民年金には、自営業の人、農林漁業の人、自由業の人、学生、会社員、公務員など我が国に住所のある20歳以上60歳未満のすべての人が加入しなければなりません。


 会社員や公務員などは厚生年金保険や共済組合(被用者年金制度)に加入するとともに国民年金にも加入し老齢・障害・遺族基礎年金などの給付のほかに基礎年金の上乗せとして厚生年金や共済年金の給付を受けます。


 国民みんなが加入しお互いに協力して将来の生活を支え合う制度なのです。

お問い合わせ

生活保健部 保険年金課
住所:〒871-8501 大分県中津市豊田町14番地3
TEL:0979-22-1111
FAX:0979-24-7522
備考:迷惑メール防止のため @ は _アットマーク_ と標記していますので変更してください

このページについてお聞かせください