安心・安全な施設「救マーク制度」のご案内

Google+でシェア
Facebookでシェア

公開日 2016年10月20日 00時00分

最終更新日 2016年10月21日 08時34分

救マーク制度とは...

 AED(電気ショック)を設置し、突然の病気・ケガに対して「迅速な対応」及び「適切な応急手当」ができるスタッフが常駐(営業時間中に限る)する事を表示したマークです。

 大切な命を救うためには『救命のリレー』(居合わせた皆さんが行う応急手当⇒救急隊が行う救命処置⇒医療機関が行う医療処置)、すなわちスムーズな連携プレーが大切になります。

 中津市消防本部では積極的に応急手当の普及啓発の推進に取り組み「安全で安心して暮せる街」としてのイメージアップを図るため「救マーク」制度を実施しています
 

救マーク
「救マーク」

認定要件

(認定施設にあたっては以下の要件が必要になります)

ア.普通救命講習以上の修了証を持っている従業員が、営業時間中に1名以上は常に勤務してください。
 ※普通救命講習以上とは普通救命講習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ、上級救命講習、応急手当普及員講習を修了している人をいいます。

イ.近くで発生した救急車が必要な場合は「通報や応急手当の実施」、「安全確保」、「車両の誘導」など救急隊の到着までの間、出来る限りの協力をしてください。

ウ.施設にはすぐ使えるAED(電気ショック)を設置してください。
 

認定(更新)の申請

 救マーク認定証交付申込書(様式第2号)に救急活動計画書(様式第1号)を添付し、消防署・救急係まで提出してください。
 ※認定施設には、「救マーク認定証」(A4縦サイズ)を交付します。
 救マークの有効期限は、原則として認定を受けてから3年となっていますので、期間内に更新の申請を行ってください。

〇申請書類(新規・更新)
 救マーク認定証交付申込書[PDF:125KB]
 救急活動計画書[PDF:70KB]
 救急法(心肺蘇生法)指導依頼申請書[XLS:123KB]
〇廃止・変更に関する書類
 様式第6号(廃止_変更に関する届出書)[DOC:36KB]

対象事業所

ホテル、旅館、商業施設及び駅舎等の多数の者が出入りする事業所が対象となります。

認定状況

中津市消防本部では58施設(10月1日現在)への救マーク認定を行い、ご協力頂いています。

救マーク認定施設一覧

救命講習会のご案内

 

お問い合わせ

消防本部 消防署
住所:〒871-0027 大分県中津市大字上宮永364
TEL:0979-22-0001
FAX:0979-22-0134
備考:迷惑メール防止のため @ は _アットマーク_ と標記していますので変更してください
PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード  新しいウインドウで表示

このページについてお聞かせください