公的資金補償金免除繰上償還

Google+でシェア
Facebookでシェア

公開日 2013年04月01日 00時00分

最終更新日 2015年08月03日 17時31分

公的資金補償金免除繰上償還とは?

「公的資金補償金免除繰上償還」とは、地方公共団体の厳しい財政状況を踏まえ、平成19年度から平成21年度までの臨時特例措置として、公的資金(旧資金運用部、旧簡易生命保険、公営企業金融公庫資金)の高金利地方債の補償金免除での繰上償還を可能にすることです。これにより、繰上償還や低利な民間資金等に借換を行うことで地方債の利息の軽減を図ることができます。
ただし、この制度の適用を受けるためには、国が示す財政状況の条件を満たし、かつ行財政改革(経営改革)による取り組みを盛り込んだ財政健全化計画(公営企業経営健全化計画)を策定し、国から承認を受ける必要があります。
また、当初は平成21年度で終了の予定でしたが、地域経済の低迷を踏まえて、更なる行財政改革の実施を要件に平成24年度までの3年間延長されました。

中津市

中津市では、高金利の地方債の負担を軽減するために、普通会計、公共下水道事業特別会計、水道事業会計において公的資金補償金免除繰上償還を実施しました。
公的資金補償金免除繰上償還を実施するにあたり、「財政健全化計画(公営企業経営健全化計画)」を策定し、平成19年12月に財務大臣及び総務大臣から承認されました。また、平成24年度までの延長の適用を受けるために「財政健全化計画【延長分】」を策定し、平成24年12月に承認されました。

繰上償還額と効果額

普通会計

年利6%以上の地方債を平成19年度から平成21年度までに310,380千円繰上償還しました。また、延長分については、年利5%以上の地方債を平成24年度に111,196千円繰上償還しました。

公共下水道事業特別会計

年利5%以上の地方債を平成19年度から平成21年度までに2,114,138千円繰上償還し、そのうち1,916,200千円は低利な民間資金等に借換を行いました。

水道事業会計

年利5%以上の地方債を平成19年度から平成21年度までに979,345千円繰上償還し、そのうち839,992千円は低利な民間資金等に借換を行いました。

参考
- 繰上償還額 うち借換額 効果額(利息軽減額)
普通会計 310,380千円 0千円 58,826千円
公共下水道事業 特別会計 2,114,138千円 1,916,200千円 530,835千円
水道事業会計 979,345千円 839,992千円 268,685千円
普通会計【延長分】 111,196千円 0千円 14,196千円

 財政健全化計画(公営企業経営健全化計画)

公的資金補償金免除繰上償還にあたっては、行財政改革に努めている市町村が対象となっており、総務省の様式に沿って財政健全化計画(公営企業経営健全化計画)を策定しました。
計画は、「中津市定員適正化計画」(平成18年2月策定)、「中津市行財政改革5ヵ年計画(平成19年~平成23年)」(平成19年2月策定)及び「第2期中津市行財政改革5ヵ年計画(平成24年~平成28年)」(平成24年3月策定)を基本に、計画内容と数値目標を設定し策定しました。

 

お問い合わせ

総務部 財政課
住所:〒871-8501 大分県中津市豊田町14番地3
TEL:0979-22-1111
FAX:0979-24-7522
備考:迷惑メール防止のため @ は _アットマーク_ と標記していますので変更してください
PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード  新しいウインドウで表示

このページについてお聞かせください