AEDの設置について

Google+でシェア
Facebookでシェア

公開日 2013年05月29日 00時00分

最終更新日 2016年03月31日 22時40分

 平成18年2月9日に、中津市役所本庁1階市民ホールに自動体外式除細動器(AED)を設置いたしました。
 医療行為の規制緩和により、非医療従事者でも消防機関などで使用講習を受ければAEDを使用できるようになりました。

 また、県内でも公共施設などで設置が進んでおります。
 そこで、中津市でもAEDを設置する運びとなり、本庁1階市民ホールに設置しました。

 

AEDとは

 心室細動状態(心臓の心室が小刻みにふるえ、脳や身体に血液を送り出すことが出来ない状態)かどうかを、心停止者の胸部にはり付けた電極から得られる心電図により自動的に判断し、必要と判断されたときは電気ショックを与えて心拍を再開させる医療機器です。

 AEDは簡単に安心して除細動を行える機器で、除細動の必要性を自動的に判断し、操作方法を音声で指示してくれます。

AED使用方法[PDF:1MB]

 
AEDの位置を表した中津市役所本庁1階市民ホールの図面
設定場所:中津市役所本庁1階市民ホール
中津市役所本庁1階市民ホールに取り付けられたAEDの写真1
中津市役所本庁1階市民ホールに取り付けられたAEDの写真2
 

お問い合わせ

総務部 本庁総務課
住所:〒871-8501 大分県中津市豊田町14番地3
TEL:0979-22-1113
FAX:0979-24-7522
備考:迷惑メール防止のため @ は _アットマーク_ と標記していますので変更してください
PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード  新しいウインドウで表示

このページについてお聞かせください