農地銀行制度

Google+でシェア
Facebookでシェア

公開日 2015年04月01日 00時00分

最終更新日 2015年04月08日 14時23分

「農地銀行」制度とは、農地の効率的な利用を進めるため、農業委員会が、貸し借りや売買のお手伝いをするものです。
農地銀行では、農地の出し手、借り手についての情報を一元的に掌握することができるので、農業を中核的に担っていこうとする農業者や、農業生産法人等へ、最も適切な流動化施策により、利用集積することができます。
 

農地銀行の利用方法

農地を買いたい人、借りたい人

農業経営規模の拡大を考えている方には、どのような農地がほしいか登録しておくことによって、希望に沿った農地を紹介しています。

 

農地を売りたい人、貸したい人

高齢者、不在地主等で、農地を売りたい・貸したい条件を登録しておけば、希望に沿った買い手・借り手を紹介します。

 

遊休農地・耕作放棄地をなんとかしたい

農地が遊休・荒廃化したり、将来そうなる恐れがある場合等、今後の農地の活用についてご相談ください。

 

 

相談窓口は

農地銀行は本庁・各支所の農業委員会の中にあります。

 

お問い合わせ

農業委員会事務局
住所:〒871-8501 大分県中津市豊田町14番地3
TEL:0979-22-1111
FAX:0979-24-7522
備考:迷惑メール防止のため @ は _アットマーク_ と標記していますので変更してください
PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード  新しいウインドウで表示

このページについてお聞かせください