情報公開制度について

Google+でシェア
Facebookでシェア

公開日 2015年12月02日 13時40分

最終更新日 2015年12月02日 13時47分

情報公開制度について

 中津市では、中津市が保有する情報を公開することにより、市政についての説明責任を全うするとともに、公正で民主的な開かれた市政を更に推進し、もって信頼と協調に基づく市民参加のまちづくりの進展を目指しています。

 

公開対象の情報について

 情報公開制度により公開の対象とする情報(以下「公文書」といいます。)は、原則として、中津市の職員が職務上作成・取得した文書、図画及び電磁的記録(データ等)です。

公開を実施する機関について
 情報公開を実施する中津市の機関(実施機関)は、以下のとおりです。
1 市長
2 教育委員会
3 選挙管理委員会
4 公平委員会
5 監査委員
6 農業委員会
7 固定資産評価審査委員会
8 水道事業管理者の権限を行う市長
9 病院事業管理者
10 消防長
11 議会

 

公文書公開請求について

 公文書の公開請求は、どなたでもできます。公文書公開請求書[DOC:29KB]にご記入いただき、以下の要領に沿って請求してください。

 
公文書公開請求要領
窓口で請求する場合  公文書公開請求書にご記入の上、市役所4階情報コーナーの窓口に提出してください。
 なお、公文書公開請求書は窓口にも備え付けています。
■受付時間:開庁日(日曜、土曜、祝日及び年末年始の休日以外)の8時30分~17時15分
郵送で請求する場合  公文書公開請求書にご記入の上、情報コーナーに送付してください。
 〒871-8501
 大分県中津市豊田町14番地3
 中津市総務課情報コーナー
FAXで請求する場合  公文書公開請求書にご記入の上、下記FAX番号に送信してください。
 FAX:0979-24-7522(代表)

  ※公文書公開請求書に記載漏れや不正確な記述がある場合には、補正をお願いすることがあります。

公開できない公文書について

 公文書公開請求があった場合は、原則として全て公開していますが、例外として以下のような情報は非公開としています。
・ 個人に関する情報
・ 法人などの正当な利益を害する情報
・ 公共の安全などに支障を及ぼすおそれがある情報
・ 審議や検討などで最終的な意思決定を行うまでの過程にあり、意思決定の中立性が損なわれたり県民に混乱を与えたりするおそれがある情報
・ 監査、試験、交渉などの事務事業の適正な執行に著しい支障がある情報
・ 法令等の規定で公にすることができない情報

 

公文書公開請求書の提出から公開決定までの流れについて

1  情報コーナーは、公文書を所管する実施機関(担当課)に公文書公開請求書を送付します。
2  送付を受けた実施機関(担当課)は、請求のあった日から起算して15日以内に公開するか否かの決定を行います。
 (大量な請求があった場合などやむを得ない理由があるときは、決定期間を延長することがあります。そのときはその理由を併せて通知します。)
3  実施機関(担当課)は、決定内容について請求者に通知します。
4  公文書の公開は、閲覧又は写しの交付、窓口又は郵送により行います。写しの交付・郵送の場合は、実費負担が発生します。
※  請求した公文書の全部又は一部の開示が認められず、その決定に不服があるときは、請求者は、実施機関に不服申立てをすることができます。
(不服申立ての受付は、実施機関(担当課)が行います。)

お問い合わせ

総務部 本庁総務課
住所:〒871-8501 大分県中津市豊田町14番地3
TEL:0979-22-1113
FAX:0979-24-7522
備考:迷惑メール防止のため @ は _アットマーク_ と標記していますので変更してください

このページについてお聞かせください