介護保険居宅介護(介護予防)福祉用具購入費支給申請について

Google+でシェア
Facebookでシェア

公開日 2016年01月25日 09時00分

最終更新日 2016年01月28日 17時40分

介護保険福祉用具購入の概要

要介護または要支援の介護認定を受けて在宅で暮らしている方(以下、要介護者等という。)が、都道府県知事の指定をうけた事業者から特定(介護予防)福祉用具を購入する際に、日常生活の自立を支援するため市が必要と認める場合に限り、福祉用具購入費用※(消費税を含む)の9割または8割(介護保険負担割合証に記載された割合)相当額が介護保険から支給されます。
年度ごと(毎年4月1日から翌年3月31日までの1年間)に10万円(福祉用具購入費用)の上限があります。

支給の対象となる福祉用具

  • 腰掛便座(ポータブルトイレ等)
  • 自動排泄処理装置の交換可能部品(尿や便の経路となるレシーバー、チューブ、タンク等)
  • 入浴補助用具(入浴用いす、浴槽用手すり、浴槽内いす、入浴台、浴室内すのこ、浴槽内すのこ、入浴用介助ベルト)
  • 簡易浴槽(空気式又は折りたたみ式等)
  • 移動用リフトの吊り具の部分

手続きおよび支給の流れ

詳しくは、別紙資料をクリックしてご覧ください。
支給方式は「償還払」と「受領委任払」の2つがあります。支給方式によって、申請書が異なります。

  • 「償還払」とは、被保険者が費用を一旦全額(10割)事業者に支払った後に、市に申請し、保険給付分(9割または8割)の払い戻しを受ける方法です。
  • 「受領委任払」とは、被保険者が費用の自己負担分(1割または2割)を事業者に支払った後、残りの保険給付分(9割または8割)を市から事業者に直接支払う方法です。

支給処理期間の目安

毎月25日の締切日までに事後申請いただいた分について、翌月15日に指定口座へ振り込みます。
ただし、締切日(25日)が土日祝日等にあたる時は、日付が前後する場合があります。
また、振込日(15日)は金融機関の営業日等の関係で、日付が前後する場合があります。
※事後申請の書類に不備があった場合は、支給を翌月以降に延期することがあります。

マイナンバーに関する留意事項

介護保険福祉用具取扱事業者におかれましては、下記文書を参照し、取扱いについて十分に注意して下さい。

 

お問い合わせ

福祉部 介護長寿課
住所:〒871-8501 大分県中津市豊田町14番地3
TEL:0979-22-1111
FAX:0979-24-7522
備考:迷惑メール防止のため @ は _アットマーク_ と標記していますので変更してください
PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード  新しいウインドウで表示

このページについてお聞かせください