水道管の凍結防止対策について

Google+でシェア
Facebookでシェア

公開日 2016年11月28日 10時26分

最終更新日 2016年11月28日 17時13分

水道管の凍結について

 寒波により、外気温が-4℃以下になったり、氷点下の真冬日が続いた場合は水道管が凍結し、水がでなくなったり、水道管が破裂することがあります。
 
 水道管破裂等の事故を防ぐために、家庭で簡単にできる凍結防止対策や凍結した場合の対処方法をお知らせします。

水道管の防寒対策

凍結防止1

対策その1

 屋外でむき出しになっている水道管や、風あたりが強い場所にある水道管には、保温材・毛布・布切れ等を巻きつけ、その上からビニールテープなどを巻いて防水し、凍結を防いでください。

対策その2

 
冷え込みが予想される前日に、少量の水を蛇口から流しておくと凍結を防止できます。(浴槽やバケツ等に貯めておき生活用水としてお使いください。)

水道管が凍結したら

凍結防止2

 水道管が凍結して水が出ないときは、気温の上昇によって自然に溶けるのを待つか、凍ってしまった部分にタオルをかぶせ、その上からゆっくりとぬるま湯をかけて溶かしてください。お湯が無い場合はドライヤーをあてるのも有効的です。

 
 【注意】熱湯をかけると管が破裂することがありますので、絶対に熱湯をかけないでください!

 水道管が破裂したら

 水道管が破裂してしまった場合は『中津市指定給水装置工事事業者』に連絡して修理を依頼して下さい。
※指定工事店はホームページに掲載しています。
 
 宅地内における凍結事故の修理代は、お客様のご負担になります。修理費用は工事の内容によって異なりますので、詳しくは修理を依頼される水道工事店に直接お問い合わせください。

湯沸器・給湯器の凍結にも気を付けてください!

 湯沸器や給湯器などについても外気温が氷点下になりますと給水・給湯配管の水が凍結し、破損事故がおこることがありますので、凍結予防対策を行ってください。

 ※凍結予防対策は、取扱説明書をお読みいただくか、メーカー又は購入事業者などにお問い合わせください。

お問い合わせ

上下水道部 水道総務課
住所:〒871-0024 大分県中津市中央町2丁目3番1号
TEL:0979-24-1234
FAX:0979-22-0924
備考:迷惑メール防止のため @ は _アットマーク_ と標記していますので変更してください

このページについてお聞かせください