「伐採及び伐採後の造林の届出」について

Google+でシェア
Facebookでシェア

公開日 2016年04月01日 00時00分

最終更新日 2017年04月04日 12時04分

森林の伐採を行う場合には、「伐採及び伐採後の造林の届出」が必要です。
また、平成29年4月3日以降に届出分は、「伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況報告書」の提出が義務付けられましたので、ご注意ください。
(1)伐採に関する届出先
1.保安林や保安施設地区に指定されている森林の伐採
 県(大分県北部振興局農山漁村振興部)へ届出等が必要です。
2.「森林施業計画」または「森林経営計画」が樹立されている森林の伐採
 伐採後に、計画の樹立者(森林組合など)により、市役所へ事後の届出が提出されます。
3.1、2以外の森林の伐採
 市役所に事前(伐採の30~90日前)に「伐採及び伐採後の造林の届出」を提出してください。
※ 1ヘクタールを超える森林を伐採して、森林以外の用途に転用する場合は、事前に県知事による「林地開発許可」が必要です。詳細は、県(大分県北部振興局農山漁村振興部)に相談ください。

(2)「伐採及び伐採後の造林の届出」の注意点(詳細は様式に記載されている注意事項を参照ください)
1.届出は、実際に伐採を行う個人や事業者が行ってください。
 伐採する者が伐採後の造林に係る権原を有しない場合(伐採する者と森林所有者が異なる場合など)は、伐採する者と当該権原を有する者(森林所有者など)が連名で提出してください。
2.「3 伐採後の造林の計画」の欄は、間伐の場合は記入不要です。主伐の場合は必ず記入してください。
3.主伐後の造林の方法を天然更新とした場合、「5年後において適確な更新がなされない場合」の欄の記入が必須です。
 ・伐採5年後までに天然更新が適格に完了しない場合を想定して、造林の期間、造林樹種、樹種別の造林面積及び樹種別の植栽本数を記載してください。
 ・(1ha未満の)伐採後において、宅地や農地など森林以外の用途に供する旨を記載した場合も、伐採の終了した日から5年後において何らかの事情で当該用途に供されていない場合を想定して、同様に記載してください。
4.備考欄に、伐採の合法性を証明する、「適合通知書」等の発行の希望の有無を記入してください。
そのほか不明な点については、中津市役所林政課までお問い合わせください。
 

お問い合わせ

商工農林水産部 林政課
住所:〒871-8501 大分県中津市豊田町14番地3
TEL:0979-23-0242
FAX:0979-24-7522(代表)
備考:迷惑メール防止のため @ は _アットマーク_ と標記していますので変更してください
PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード  新しいウインドウで表示

このページについてお聞かせください