障害福祉サービス

Google+でシェア
Facebookでシェア

公開日 2016年10月20日 08時58分

最終更新日 2017年01月10日 16時26分

1.サービスの内容
■訪問系サービス
○居宅介護
居宅において入浴や排せつ、食事等の介護、調理や洗濯、掃除等の家事、生活等に関する相談や助言を行います。
重度訪問介護
重度の肢体不自由、知的障がい、精神障がいにより、行動上著しい困難を有する方に、居宅で入浴や排せつ、食事等の介護、調理や洗濯、掃除等の家事や外出時における移動中の介護を総合的に行います。
○同行援護
視覚障がいにより、移動に著しい困難を有する方に、外出時に同行し、移動に必要な情報を提供するとともに、移動の援護、排せつ、食事など外出する際に必要な支援を行います。
○行動援護
知的障がい又は精神障がいにより、行動上著しい困難を有し、常時介護を要する方に、行動する際に生じ得る危険を回避するために必要な援護、外出時における移動中の介護、排せつ及び食事等の介護を行います。
○重度障害者等包括支援
意思疎通に著しい支障があり、四肢の麻痺及び寝たきりで
常時介護を要する方や知的障がい又は精神障がいにより、行動上著しい困難を有する方に、居宅介護等の複数のサービスを包括的に提供します。


■日中活動系サービス
○生活介護
常時介護を要する障がい者に、主として昼間において施設で入浴や排泄、食事などの介護を行うとともに、創作・生産活動の機会を提供します。
○自立訓練(機能訓練)
自立した日常生活又は社会生活ができるように、身体機能の向上のために必要な訓練を行います。
○自立訓練(生活訓練)
自立した日常生活又は社会生活ができるように、生活能力の向上のために必要な訓練を行います。
○就労移行支援
就労を希望する65歳未満の障がい者に、就労に必要な知識及び能力の向上のために必要な訓練を行います。
○就労継続支援A型
一般企業等に雇用されることが困難で、雇用契約に基づく就労が可能な65歳未満の障がい者に、生産活動等の機会の提供や就労に必要な知識及び能力の向上のために必要な訓練等を行います。
○就労継続支援B型
一般企業等に雇用されることが困難な障がい者に、生産活動等の機会の提供や就労に必要な知識及び能力の向上のために必要な訓練等を行います。
○療養介護
医療の必要な障がい者で常に介護が必要な人に、医療機関で機能訓練や療養にかかる介護、日常生活の世話を行います。
○短期入所
居宅で介護をする人の疾病その他の理由により、障がいのある人が一時的に介護を受けることが困難になったとき、短期間、夜間も含めて施設等で入浴や排泄、食事の介護等の支援を行います。

■居住系サービス
○共同生活援助(グループホーム)
共同生活を営む障がい者につき、主として夜間において相談、入浴、排せつ又は食事の介護等の日常生活上の援助を行います。
○施設入所支援
施設に入所する障がい者に、主として夜間において、入浴や排せつ、食事等の介護、生活等に関する相談や助言等の日常生活上の支援を行います。

2.サービス利用の流れについてはこちら →障害福祉サービス利用の流れ[PDF:126KB]

3.申請書類
・印鑑
・身体障害者手帳、療育手帳、精神保健福祉手帳、自立支援医療受給者証(精神通院医療に限る)、特定疾患医療受給者証などのいずれか
・介護給付費等支給申請書兼利用者負担額減額・免除等申請書(様式第1号)→様式第1号[DOC:103KB]
・世帯状況・収入等申告書(様式第2号)→様式第2号[DOC:66KB]
・計画相談支援給付費・障害児相談支援給付費支給申請書(様式第17号)→様式第17号[DOC:47KB]
・計画相談支援・障害児相談支援依頼(変更)届出書(様式第18号)→様式第18号[DOC:51KB]
・本人および配偶者の所得課税証明書(中津市で取得できる場合は提出の必要はありません)


※ 詳細は担当窓口へお問い合わせください。

お問い合わせ

福祉部 社会福祉課
住所:〒871-8501 大分県中津市豊田町14番地3
TEL:0979-22-1111
FAX:0979-24-7522
備考:迷惑メール防止のため @ は _アットマーク_ と標記していますので変更してください
PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード  新しいウインドウで表示

このページについてお聞かせください