定住自立圏構想の取り組みについて

Google+でシェア
Facebookでシェア

公開日 2017年04月28日 16時14分

最終更新日 2017年05月24日 08時30分

定住自立圏構想とは

 定住自立圏とは、地方圏において、三大都市圏と並ぶ人口定住の受け皿として形成されている圏域です。
 定住自立圏の形成にあたっては、医療や買い物など住民生活に必要な機能について一定の集積があり、周辺の市町村の住民もその機能を活用しているような都市が「中心市」となり、 圏域全体において中心的な役割を担うことを想定しています。
 「中心市」が周辺の市町村と役割分担したうえで、NPOや企業など民間の担い手とも連携して生活機能の確保のための事業を実施し、人口定住を図っていきます。

・定住自立圏の詳細についてはこちら【総務省HP】(新しいウインドウが開きます) 

九州周防灘地域定住自立圏について

 中津市では、平成21年4月30日に「中心市宣言」を行い、この定住自立圏構想のもと、通勤・通学圏、医療圏、商圏等の状況を踏まえ、平成21年11月2日に近隣3市2町(宇佐市・豊後高田市・豊前市・築上町・上毛町)とそれぞれ1対1で協定を締結し、「九州周防灘地域定住自立圏」を形成しました。 

​九州周防灘地域定住自立圏共生ビジョン

 「九州周防灘地域定住自立圏共生ビジョン」とは、定住自立圏を形成した圏域において、人口定住のために必要な生活機能を確保するため、自立のための経済基盤を培い、地域の活性化を図るという観点から圏域の将来像を提示するもので、将来像の実現にむけて圏域自治体が実施していく具体的な取り組み内容が記載されています。 

ビジョンの期間  

 現計画の期間は平成27年度(2015年度)から平成31年度(2019年度)までの5年間です。 

ビジョンの進捗管理・見直しの方法

 ビジョンの策定又は変更に当たっては、民間や地域の関係者を構成員として宣言中心市が開催する協議・懇談の場(ビジョン懇談会)における検討を経て、各周辺市町村と当該市町村に関連する部分について協議を行うこととなっています。 

過去のビジョン策定・変更について

過去のビジョン懇談会開催状況

平成29年4月21日 第8回九州周防灘地域定住自立圏共生ビジョン懇談会 開催
・平成27年3月27日 第7回九州周防棚地域定住自立圏共生ビジョン懇談会 開催 

その他

 「中心市宣言」及び各自治体との協定の内容については、下記より確認することが出来ます。 

お問い合わせ

企画観光部 総合政策課
住所:〒871-8501 大分県中津市豊田町14番地3
TEL:0979-22-1111
FAX:0979-24-7522
備考:迷惑メール防止のため @ は _アットマーク_ と標記していますので変更してください
PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード  新しいウインドウで表示

このページについてお聞かせください