「柏もち」伝えたい中津の食文化

Google+でシェア
Facebookでシェア

公開日 2017年05月19日 12時00分

最終更新日 2017年05月19日 19時41分

 毎月19日は「食育の日」です。家族や仲間と食卓を囲み、食べることの楽しさや大切さを考えてみましょう。
中津市には地域や季節ごとに食文化が受け継がれています。食べる人の健康や幸せを願う「行事食」も食文化のひとつです。端午の節句は、男の子の誕生や成長を祝う行事として定着していますが、もともとは健康を祈る行事でした。薬草である菖蒲やよもぎを飾ったり、菖蒲のお風呂に入ることで無病息災を願いました。行事食の柏もちを食べるのは、柏の木は新芽が出ないと古い葉が落ちないことから子孫繁栄の意味が込められています。

P.105 ちまき・かしわ餅
 

柏もち 

材料(10個分)

だんご粉200グラム、熱湯約160ミリリットル、砂糖30グラム、水大さじ1、こしあん250グラム、柏の葉10枚

作り方

1.柏の葉を水に漬ける。
2.だんご粉に熱湯を加えながら、箸でかき混ぜ、手でよくこねる。
3.蒸し器にちぎって入れ、30分蒸す。蒸しあがったら水に漬けて粗熱をとり、ボウルに入れてまとまるまでこねる。
4.大さじ1の水で溶いた砂糖を2~3回に分けて加え、なめらかになるまでこねる。
5.10個に分け、小判型にのばし、丸めたこしあんをのせる。2つに折り、合わせ目をしっかり閉じる。
6.蒸し器で約12分蒸し、冷めたら柏の葉に包む。

1人分の栄養量

エネルギー112キロカロリー、たんぱく質3.7グラム、脂質0.4グラム、炭水化物22.7グラム、塩分0グラム

 

 
なかつ食育指針
「なかつ食育指針」を実践して毎日の食生活を楽しく送りましょう
 

お問い合わせ

生活保健部 地域医療対策課
住所:〒871-8501 大分県中津市豊田町14番地3
TEL:0979-22-1111(地域医療対策係 内線682・市民健康推進係 内線312)
FAX:0979-24-2342
備考:迷惑メール防止のため @ は _アットマーク_ と標記していますので変更してください

このページについてお聞かせください