病院紹介

小児外科

小児外科のご紹介

小児外科では15歳以下の外科的治療を必要とする病気の診療を行っています。主な疾患は鼡径ヘルニア、陰嚢水腫、停留精巣、虫垂炎です。九州大学小児外科スタッフの応援を受け手術を行っています。平成24年の手術総数は49例でした。鼠径ヘルニアに対しては従来の手術法のほかに、腹腔鏡を用いた手術(LPEC法)も行っております。


尚、当科ではNational Clinical Database: NCD(日本臨床データベース機構)における外科手術・治療情報データベース事業に参加しております。この事業は日本全国の手術・治験情報を登録し、集計・分析することで医療の質の向上に役立て、患者さんに最善の医療を提供することを目指すプロジェクトです。本事業の詳細に関しましてはNCDのウェブサイト(http://www.ncd.or.jp/)をご覧ください。

診療体制


      外来診療担当医表

医師紹介

【氏  名】
【役  職】小児外科医師
【専門分野】 
【専門医等】 
【所属学会】