当院について

泌尿器科

泌尿器科のご紹介

 泌尿器科は、腎臓・尿管・膀胱・尿道といった尿路全般と精巣・精巣上部・前立腺などの男性性路系に加え、ホルモン産生臓器である副腎の疾患を主な診療対象としています。
 また、以下のような専門的な診療も行っています。


<腫瘍に関する診療>
副腎・腎・尿管・膀胱・前立腺および精巣など、腎・尿路・性器腫瘍(癌)の診断と治療を中心とし、手術から抗癌剤による治療まで幅広い治療を行っています。腹腔鏡を用いた手術は、小さな傷で出血が少なく術後の回復も早いのが特徴で、副腎腫瘍や腎・尿管に対して積極的に行っています。最近増加している前立腺癌に対しては、従来より開放手術を行っており、良好な結果を得ています。適応となる症例には、放射線治療も行っています。


<神経・排尿障害・女性泌尿器に関する診療>
いろいろな神経障害(脳梗塞・脳出血などの脳血管障害、脊髄損傷、糖尿病や子宮・直腸手術後の神経障害、先天性疾患など)に伴う排尿困難や尿失禁の診断、治療とその管理を専門に行っています。膀胱脱など骨盤臓器脱の手術も積極的に行っています。


<感染症に関する診療>
尿路系の感染症である腎盂腎炎・膀胱炎や、精巣上体炎・前立腺炎などの男性性路感染症、ならびに性行為感染症(淋菌やクラミジア性尿道炎など)全般に対する、迅速で適切な診断と治療を心掛けています。


<小児泌尿器に関する診療>
先天的上膀胱尿管逆流現象、先天的水腎症など、小児の先天性疾患に対しても、当院小児科と連携をとりつつ、診断・治療にあたっています。


診療体制


      外来診療担当医表

医師紹介

【氏  名】
【役  職】臨床研究部長(外科系)兼泌尿器科部長
【専門分野】 
【専門医等】日本泌尿器科学会専門医・指導医
【所属学会】・日本泌尿器科学会
・日本排尿機能学会
・日本Endourology-ESWL学会
・日本透析学会