当院について

がん診療連携拠点病院

当院は、平成23年4月に厚生労働省から地域がん診療連携拠点病院の指定を受けました。「地域がん診療連携拠点病院」とは、全国どこに住んでいても質の高いがん医療が受けられるように厚生労働省が指定した病院です。がん診療連携拠点病院は、専門的ながん医療の提供や地域におけるがん診療連携協力体制の整備、がん患者さんに対する相談支援及び情報提供などの役割を担っています。

大分県内のがん診療連携拠点病院

県がん診療連携拠点病院
  • 大分大学医学部附属病院
地域がん診療連携拠点病院
  • 大分赤十字病院
  • 済生会日田病院
  • 大分県立病院
  • 別府医療センター

当院は、これらのがん診療連携拠点病院や地域の医療機関と連携協力して、地域住民のみなさまに質の高いがん医療を提供できるようこれからも努力してまいります。

集学的治療

複数の診療科が連携し、手術・放射線治療・化学療法などを行う体制が整っており、看護師や薬剤師、管理栄養士等が部門間の垣根を超えて連携協力し患者さんの治療にあたります。

手術患者さんの身体に負担の少ない内視鏡下手術や体腔鏡下手術を積極的に行っています。
外来化学療法室化学療法認定看護師を中心に、専任のスタッフが患者さんのケアに当たります。
放射線治療リニアックやPET機能付きガンマカメラ等の最新の治療診断機器を導入し、より正確で有効な診断・治療ができるようになりました。
緩和ケア多職種からなる緩和ケアチームが回診し、患者さんに寄り添ったケアを行います。また緩和ケア外来も開設しております。
当院の緩和ケア研修会の修了者についてはこちらです。

相談支援センター

医療、福祉関連の専門スタッフを配置し、直接的ながんの診断治療に関するご相談以外にも、看護や検査方法から保険制度等まで幅広いご相談にお応えします。また、病病連携・病診連携の窓口としての役割も担っています。切れ目のないがん診療の実現のため、地域の医療機関との連携協力体制のもと、地域連携パスを活用して継続的な治療のため支援を行っています。

相談内容
がん情報の発信

最新のがん診療にかかる冊子等資料の提供を行っています。

セカンドオピニオン外来患者さんがご自身の治療法を決定するお手伝いをすることを目的としています。主治医に治療法の説明を受けているが、判断に迷われている方が対象です。
緩和ケア勉強会地域の医療機関の方も交えて、緩和ケアに関する勉強会を行っています。
がん患者サロンがん患者さんや家族の方も交えて情報交換などを行っています。
健康教室がんの診断や治療に関する講演を行っています。
診療連携集談会症例発表やがんの早期発見や治療の副作用等に関する講習会を行っています。
ご利用について
場所相談支援センター
相談日平日の午前9時から午後5時まで
対象者がん患者さん、ご家族、地域の方等、どなたからのご相談もお受けします。
相談料無料
電話番号0979-22-6521
FAX番号0979-22-2448
  • ※直接ご来院頂いても構いませんが、事前にご予約頂いた方が確実です。
  • ※ご相談頂いた内容について秘密は厳守します。

臨床試験について

臨床試験についてはこちら