林野火災の予防について

Google+でシェア
Facebookでシェア

公開日 2017年05月01日 09時00分

例年、春先は空気の乾燥や強風などにより、林野火災が発生しやすい気象条件です。
 県下でも、昨年この時期、大規模な林野火災が発生しています。
 林野火災の原因は、人の不注意などによるものがほとんどです。
 行楽や野外での作業に適した時季に入り、山林への人の出入りが多くなることから、一人ひとりが防火意識を高めることが最も大切です。
 かけがえのない貴重な森林を火事から守るため、皆様のご協力をよろしくお願いします。

【林野火災防止の為の注意点】
 〇枯れ草等のある火災が起きやすい場所では、たき火はしないこと。
 〇たき火の際、その場を離れるときは、完全に消火すること。
 〇強風時及び乾燥時には、たき火、火入れはしないこと。
 〇喫煙は指定された場所で行い、吸い殻は必ず消すとともに、投げ捨てないこと。

 また森林内、および森林周辺で火入れ(野焼き)を行う際には、必ず火入れ申請を行い、許可をうけてください。

お問い合わせ

商工農林水産部 林政課
住所:〒871-8501 大分県中津市豊田町14番地3
TEL:0979-23-0242
FAX:0979-24-7522(代表)
備考:迷惑メール防止のため @ は _アットマーク_ と標記していますので変更してください

このページについてお聞かせください