「ほめあうまち なかつ(HOME-MACHI)」推進事業がスタートしました

Google+でシェア
Facebookでシェア

公開日 2016年06月02日 07時53分

 平成28年5月27日(金)、中津市役所にて第1回「ほめあうまち なかつ(HOME-MACHI)」推進会議が開催され、城北中学校区をモデルとした事業が始まりました。
 これは、大分県の委託事業「人権教育総合推進地域事業」を受け、学校、家庭、地域の協働により、お互いに認め合う学校づくり、家庭づくり、地域づくりを推進するもので、子ども達の自尊感情や規範意識、コミュニケーション力を育む取り組みを通して、学校、家庭、地域それぞれの教育力を高め、合わせて校区全体の人権意識の向上を目指します。

推進会議1
推進会議2

 本事業を推進するために、全国的に著名な教育者で学校現場に即した独自の実践によりコミュニケーション力あふれる教育の重要性を提唱している元小学校教諭の菊池省三先生を中津市教育スーパーアドバイザーに委嘱しました。「ほめる」(新しい価値を発見し、伝え合う)をキーワードにして、子ども達を伸ばすための先生、保護者、地域住民の子どもに対する効果的な「ことばかけ」をこの事業を通して学び、実践していきます。
 31日(火)は、奥塚正典市長から委嘱状が交付され、約30分の対談を行いました。話が弾むにつれ、菊池先生の教育観と市が目指す「学びたい教育のまち中津」が結びついていきました。

 
委嘱式
対談

 午後からは、城北中学校で1,2年生対象に2時間のモデル授業を行い、先生方の校内研究会で助言をいただきました。生徒たちから発せられる「価値語」を拾い集め、小さな成長を認め合いながら進められる授業の中で、生徒はどんどん輝きを放っていきました。

 
授業1
授業2

 さらに、夜は北部公民館で北部校区青少年健全育成協議会主催の講演会に講師として、校区住民、保護者対象に講演をいただきました。相手を信じて向き合い、価値づけてほめる先生の一言一句が、生徒や大人を笑顔にし、心を穏やかにしていきました。
 城北中学校区は、この一年間、菊池先生のご指導をいただきながら、通称「ほめまち」事業に取り組んでいきます。

 
講演1
講演2
 

お問い合わせ

教育委員会 社会教育課・生涯学習推進室
住所:〒871-8501 大分県中津市豊田町14番地3
TEL:0979-22-4942
FAX:0979-22-1492
備考:迷惑メール防止のため @ は _アットマーク_ と標記していますので変更してください

このページについてお聞かせください