六次産業化総合化事業計画認定証が交付されました

Google+でシェア
Facebookでシェア

公開日 2016年09月13日 17時08分

 平成28年9月13日(火曜日)、中津市三光支所3階会議において、株式会社中津もぎたてファクトリー(渡邊直二代表取締役社長、中津市永添)が六次産業化・地産地消法に基づく総合化事業計画認定(平成28年8月31日認定)を受け、九州農政局西村支局長から認定証が交付されました。
同法人は、中津市三光諌山地区において、中津市産の小松菜・ほうれん草などを原材料とした冷凍用惣菜の加工及び販売に取り組み、平成29年5月の操業開始の予定です。
 また、同法人の構成員であります樋口智一(ヤマダイ食品株式会社:代表取締役)、細川唯(株式会社スーパー細川:代表取締役)と中津市を訪れ、奥塚中津市長に総合化事業計画認定証の交付報告と企業立地表明を行い、農業従事者の所得向上と耕作放棄地の解消を目指し、中津市の農業振興に努めますと決意を表しました。
 奥塚市長は、中津市はモノづくりの気質があり、工業系企業の進出は多くあるが、今回のような農業系の企業進出はめずらしいので是非、地域の方々との協力で成功させてほしいと期待を述べられました。
 

認定証交付
 
集合写真
 
集合写真
 
奥塚市長に報告
 
  
 

お問い合わせ

商工農林水産部 農政振興課
住所:〒871-8501 大分県中津市豊田町14番地3
TEL:0979-22-1111
FAX:0979-24-7522
備考:迷惑メール防止のため @ は _アットマーク_ と標記していますので変更してください

このページについてお聞かせください