「ものづくり産業人材確保奨学金返還支援事業」の対象となる企業募集のお知らせ

Google+でシェア
Facebookでシェア

公開日 2017年04月21日 15時54分

 大分県「ものづくり産業人材確保奨学金返還支援事業」は、ものづくり産業の将来を担う人材の県内就職及び定着を促進するため、県内の中小製造業に「研究者」「開発技術者」「製造技術者」として6年間就業する方の、奨学金等の返還に要する経費の一部を支援する事業です。今回、平成29年度大分県一般会計予算が成立することを条件として制度を拡充し、中小情報サービス業に「情報処理・通信技術者」として就業する方も対象に追加することになりました。6年間で最大122万4千円の奨学金等の返還を支援します。企業登録は無料です。ぜひご応募ください。

 
■登録基準(以下の4つの要件をすべて満たす企業)
No 要件
1 中小製造業又は中小情報サービス業である者(大分県中小企業活性化条例(平成25年大分県条例第17号)第2条第1項に定めるもの(発行済株式の総数又は出資金額の総額の2分の1以上を同一の大企業が所有する若しくは総額の3分の2以上を大企業が所有する企業又は大企業の役員若しくは職員を兼ねる者が役員総数の2分の1以上を占める企業を除く。)のうち、日本標準産業分類で製造業に分類されるもの)
2 大分県内に事業所等を置き、研究開発・製造技術拠点を有する(予定を含む)者
3 平成30年、平成31年、平成32年の3月に大学等を卒業する学生を対象に、次のいずれかの職種(厚生労働省編職業分類・中分類による)の求人(正規雇用に限る)を行うことを検討する企業  ※下記参照
4 暴力団員(暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第6号に規定する暴力団員をいう。以下同じ。)又は暴力団(同法第2条第2号に規定する暴力団をいう。)若しくは暴力団員と密接な関係を有しない者
   
■要件3:職種
研究者 理学研究者、工学研究者、農学・林学・水産学研究者、医学研究者、人文科学研究者、社会科学研究者など
開発技術者 食品開発技術者、電気・電子・電気通信開発技術者(通信ネットワークを除く)、機械開発技術者、自動車開発技術者、輸送用機器開発技術者(自動車を除く)、金属製錬・材料開発技術者、化学品開発技術者など
製造技術者 食品製造技術者、電気・電子・電気通信製造技術者(通信ネットワークを除く)、機械製造技術者、自動車製造技術者、輸送用機器製造技術者(自動車を除く)、金属製錬・材料製造技術者、化学品製造技術者など
情報処理・通信技術者 システムコンサルタント、システム設計技術者、情報処理プロジェクトマネージャ、ソフトウェア開発技術者、システム運用管理者、通信ネットワーク技術者など
 

■応募要領・申請書ダウンロード
詳細な手続きや申請書類はこちらからご確認ください。
大分県庁HP(新しいウインドウが開きます)

■申請・問合せ
大分県 商工労働部
雇用労働政策課 若年者就業支援班
Tel:097-506-3343  Fax:097-506-1756

お問い合わせ

商工農林水産部 商工振興課
住所:〒871-8501 大分県中津市豊田町14番地3
TEL:0979-22-1111
FAX:0979-24-4020
備考:迷惑メール防止のため @ は _アットマーク_ と標記していますので変更してください

このページについてお聞かせください