【10月2日受付開始】「H29年度後期技能検定」受検手数料を助成します!

Google+でシェア
Facebookでシェア

公開日 2017年09月26日 09時00分

H29後期技能検定
勤労者資格取得支援事業補助金

H29年度後期「技能検定」受検案内

 技能検定は、働く人たちの技能を国が一定の基準によって検定することにより、技能と社会的信用が一層向上することを期待して行われる国家検定制度です。現在126種類の試験があり、特級・1級及び単一等級合格者には厚生労働大臣から、2級及び3級合格者には知事から合格証が交付され、「技能士」の称号が与えられます。昭和34年度から実施されて以来、個人の方には確かな技能の証として、事業主の方には従業員の育成等に活用されています。
 10月2日月曜日より後期日程の受付が開始されます。受検案内及び申請書は中津商工会議所、中津市役所商工振興課及び各支所に設置しています。※受検申請書の様式が変更になり、従来の申請書は使用できませんのでご注意ください。また、35歳未満(平成29年4月1日において35歳に達していない)の2、3級受検者は実技試験手数料が9,000円減額されます。
■受付期間
平成29年10月2日(月)~10月13日(金)
■制度詳細
厚生労働省ホームページ(新しいウインドウが開きます)
■申請・問合せ
大分県職業能力開発協会ホームページ(新しいウインドウが開きます)
〒870-1141 大分市大字下宗方字古川1035-1
TEL:097-542-3651 FAX:097-542-0996

H29年度「勤労者資格取得支援事業補助金」を利用できます

 中津市では、従業員の技能訓練に取組む企業支援の一環として、市内事業所に勤務する(又は勤務予定の)方を対象に「技能検定」の受検手数料を助成します。従業員の技能向上に是非ご活用ください。
■企業として従業員に技能検定を受検させるメリット(例)
・若い技能者の習熟度を確かめる方法として有効である
・高い技能を持つ技能士がいることで、製品の生産性の向上や品質維持に役立つ
・企業内に能力評価制度がなくても、技能検定を活用することで代用できる
・技能士がいることにより、企業が高い技術力を持つ証明となり、顧客からの信頼を得られる

勤労者資格取得支援事業補助金
対象者 ①市内に居住し、かつ、市内事業所に勤務している方又は勤務予定である方
②市内に事業所を有する個人又は法人​​
対象資格 ・職業能力開発促進法に基づき実施される検定(126種類)
・自動車整備士技能検定規則に基づき実施される自動車整備士検定
対象経費 技能検定にかかる受検手数料
(実技試験及び学科試験受検手数料の全額)
補助率・補助限度額 補助率:対象経費の2/3以内
補助限度額:①10,000円②200,000円(対象者1人10,000円×20人分)
※他の補助金や割引制度を活用した場合、その充当額や割引額を対象経費から差し引きます
手続き 技能検定試験受検後の申請 (1人につき同一年度2回まで)
1.勤労者資格取得支援事業補助金交付申請書(様式第1号)
2.受検に要した経費を明らかにする書類
3.現に市内事業所に勤務していることを明らかにする書類、若しくは勤務先の在職(予定)証明(様式第2号)
4.充当額又は割引額がある場合、その額が確認できる書類
5.市税等納付状況申告書及び市税等納付状況確認承諾書
※交付申請をする年の1月1日以降に中津市に転入した場合は、転入前の直近の住所地の市町村で滞納がないことを証する書類
申請期限 平成30年3月31日 (ただし予算額を超えた時点で受付終了)
問合せ 中津市役所 商工振興課
〒871-8501 中津市豊田町14番地3
TEL:0979-22-1111 FAX:0979-24-4020
E-mail : syoukou@city.nakatsu.lg.jp

お問い合わせ

商工農林水産部 商工振興課
住所:〒871-8501 大分県中津市豊田町14番地3
TEL:0979-22-1111
FAX:0979-24-4020
備考:迷惑メール防止のため @ は _アットマーク_ と標記していますので変更してください
PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード  新しいウインドウで表示

このページについてお聞かせください