第7回中津市「協育」フォーラムが開催されました

Google+でシェア
Facebookでシェア

公開日 2017年03月20日 15時49分

 平成29年3月18日土曜日、小楠コミュニティーセンターで第7回中津市「協育」フォーラムが開催されました。このフォーラムは、「地域ぐるみで子どもを見守り、育む安全・安心な地域づくりを目指す」ことを目的とした教育の協働の取り組みの一環で、今回のテーマは、「『ほめる』をキーワードに子ども達の自己肯定感を高める」で、学校、家庭、地域で子どもたちと関わっている教職員、親、地域住民など、約100名が参加しました。
 開会に先立ち、今年度から対象が一般市民にも広がった中津市教育委員会教育長学校表彰の表彰式が行われ、全国都道府県対抗駅伝の県選手団に選抜された遠入 剛さん(豊陽中)、有田菜々美さん、奥西杏樹さん(東中津中)と長年にわたり学校教育活動や子ども達の健全育成に尽力していただいた中津市山岳協議会、岡田幸正さん、安藤弘之さんに廣畑 功教育長より表彰状と感謝状が授与されました。
 続いて、本年度、城北中学校区をモデルとして実施している大分県人権教育総合推進地域事業「ほめあうまち なかつ(HOME=MACHI)」についての報告がありました。この事業は、中津市教育スーパーアドバイザーの菊池省三先生による学校でのモデル授業や授業研究、親や地域住民への学習会を通して、学校が育てたい子ども像を家庭も地域も共有して、地域ぐるみで子ども達の自尊感情を高め、お互い認め合う地域づくりを推進するものです。
 対象となっている南部小学校の伊東浩治校長、北部小学校の榎本徹校長、城北中学校の貝ヶ石知昭校長より、学校での取り組みやその成果の報告がありました。
 講演会は、「子どもが輝く!ほめ達のすすめ」と題して、一般社団法人日本ほめる達人協会特別認定講師でほめる子育て研究所所長の竹下幸喜さんのお話でした。「ほめ達」になるためのポイントを参加者を巻き込んで、熱く、楽しく、テンポよく話していただきました。参加型ワークを取り入れながらのお話で、会場は終始笑顔でいっぱいになっていました。

フォーラム1
フォーラム2
フォーラム3
フォーラム4
フォーラム5
フォーラム6
フォーラム7
フォーラム8

お問い合わせ

教育委員会 社会教育課・生涯学習推進室
住所:〒871-8501 大分県中津市豊田町14番地3
TEL:0979-22-4942
FAX:0979-22-1492
備考:迷惑メール防止のため @ は _アットマーク_ と標記していますので変更してください

このページについてお聞かせください