中津終末処理場でホタルの幼虫の放流を行いました

Google+でシェア
Facebookでシェア

公開日 2017年03月22日 15時40分

  平成29年3月22日(水)、中津終末処理場にて、グレース保育園の園児16名が、同施設の処理水で育てたホタルの幼虫の放流を行いました。

 中津終末処理場では、下水道処理施設での汚水処理によって、蛍が生息出来る水環境に水を再生できることを広く市民の皆様に知って頂くことを目的に、施設内の一画に設けられている、ビニールハウスのドーム内で、ホタルの生育を行っています。
 
 園児らは「元気に大きくなってね」と声を掛けながら、放流をしていました。放流した幼虫は5~6月にかけて成虫となり、鮮やかな光を解き放つ予定です。

説明を受ける園児
ホタルについて勉強
放流
ホタルの幼虫を放流する園児

 

観察中
幼虫の様子を見守る園児
ホタル
昨年育ったホタル

 

 

お問い合わせ

上下水道部 下水道課
住所:〒871-0024 大分県中津市中央町2丁目3番1号
TEL:0979-24-1235
FAX:0979-24-1364
備考:迷惑メール防止のため @ は _アットマーク_ と標記していますので変更してください

このページについてお聞かせください