九州北部豪雨災害に係る要望書を安倍総理大臣及び高市総務大臣に提出しました。

Google+でシェア
Facebookでシェア

公開日 2017年07月12日 21時19分

 

 平成29年度7月12日水曜日、安倍晋三内閣総理大臣及び高市早苗総務大臣が九州北部豪雨災害の被災地を訪れました。日田市役所において、豪雨災害に係る意見交換会が開催され、奥塚市長は、中津市の被災状況の説明をし、広瀬大分県知事と原田日田市長と共に、激甚災害の早期指定などの要望書を安倍内閣総理大臣及び高市総務大臣に提出しました。

 
安倍総理大臣及び高市総務大臣に被災状況の説明をする奥塚市長
安倍総理大臣及び高市総務大臣に
被災状況の説明をする奥塚市長 
被災状況の説明
被災状況の説明
 
安倍内閣総理大臣
安倍内閣総理大臣から被災地への激励
高市総務大臣へ広瀬知事と共に
高市総務大臣へ広瀬知事と共に被災状況説明
 
P1070462
意見交換会後の報道対応
P1070451
一日も早い復旧・復興に向けた国の支援を要請
 

お問い合わせ

総務部 防災危機管理課
住所:〒871-8501 大分県中津市豊田町14番地3
TEL:0979-22-1113
FAX:0979-24-7522
備考:迷惑メール防止のため @ は _アットマーク_ と標記していますので変更してください

このページについてお聞かせください