国登録有形文化財の登録証書を交付しました

Google+でシェア
Facebookでシェア

公開日 2017年07月24日 17時22分

 平成29年5月に国の登録有形文化財となった耶馬溪町大字平田の平田家住宅の登録証書交付式が7月24日に開催され、廣畑功教育長より所有者へ登録証書と登録プレートが交付されました。
 廣畑教育長は、「平田家住宅の国登録、誠におめでとうございます。時を同じくして日本遺産「やばけい遊覧」も認定され、平田家住宅もその構成文化財として非常に注目を集めているところです。今後もぜひ地域の宝として大切に受け継いでいただきたい」と挨拶し、平田家住宅の所有者を代表して、平田サツキ氏・平田正敏氏が、「先祖が建てた建物がこうして文化財としての価値を認められたことは誠に喜ばしく、また、文化財登録にあたって尽力頂いた多くの方に感謝したい」と挨拶されました。
 平田家住宅は大分県を代表する近代和風住宅であり、大正期の当主であり貴族院議員などを歴任した平田吉胤氏により、3階建てへ改築されたのちには耶馬溪の迎賓館としての役割を果たしました。
 ※平田家住宅は個人宅につき、内部の観覧はできません。 

指定証書交付の様子
交付のようす
大分県平田家住宅主屋
平田家住宅
 

お問い合わせ

教育委員会 文化財室
住所:〒871-8501 大分県中津市豊田町14番地3
TEL:0979-22-1111
FAX:0979-24-7522
備考:迷惑メール防止のため @ は _アットマーク_ と標記していますので変更してください

このページについてお聞かせください