中津南高校で選挙についての授業が行われました

Google+でシェア
Facebookでシェア

公開日 2017年08月30日 12時00分

 投票をする上で大切なことは何だろう

 平成29年8月28日月曜日、県立中津南高等学校にて、選挙に関する授業が行われました。
 この日の授業では、「投票をする上で大切なことは何だろう」というテーマについて、3年生39人が模擬投票や意見発表を行う中で考えていきました。
 生徒の皆さんには架空の立候補者3人のマニフェストを読んでもらい、教室内に開設した模擬投票所で投票を行ってもらいました。
 投票後は、どんなことを重視して投票する人を決めたのか、投票をする中で難しかったことなどを発表しあい、皆で意見を共有しました。誰に投票するのか、自分で考えて決める難しさと、若い世代である自分達が投票することの大切さを39人全員が感じてくれたようです。
 授業の最後には、どんな選挙運動が公職選挙法で禁止されているのか、マルバツ問題で皆さんに考えてもらいました。インターネットを使った選挙運動など、生徒の皆さんに身近なものを中心に、市の選挙管理委員会から問題の解答と解説を行い、この日の授業は終了しました。
 選挙管理委員会では、若い世代に選挙に関心を持ってもらえるよう、今後もこうした選挙に関する啓発活動を進めていきたいと考えています。
 大分県選挙管理委員会では小学校、中学校、高等学校むけに選挙の出前授業を行っており、随時実施校を募集中です。
 中津市選挙管理委員会でも、投票箱や記載台の貸出しを行っております。使用を希望される場合はご連絡ください。

 
模擬投票の様子
実際の記載台と投票箱を使った模擬投票
授業の様子
投票をする上で大切なことは何だろう

お問い合わせ

選挙管理委員会事務局
住所:〒871-8501 大分県中津市豊田町14番地3
TEL:0979-22-1111
FAX:0979-24-7522
備考:迷惑メール防止のため @ は _アットマーク_ と標記していますので変更してください

このページについてお聞かせください