SOS声かけ模擬訓練を行いました

Google+でシェア
Facebookでシェア

公開日 2017年11月06日 00時00分

 平成29年11月3日金曜日に、山国地区にてSOS声かけ模擬訓練を行いました。
 SOS声かけ模擬訓練は、認知症の人が行方不明になったことを想定して、地域のネットワークを活用して「通報~連絡~捜索~発見・保護」の情報伝達の流れと認知症を正しく理解し、本人の気持ちに配慮した声掛けや見守りなどを訓練することを目的としています。
 当日は天候にも恵まれ、地域住民の方をはじめ、消防署、消防団員、警察、医師など110名の参加がありました。捜索に出る前に声のかけ方の良い例、悪い例の寸劇等も行い、捜索をする前に認知症について学習しました。その後、槻木・宇曽・守実の3つの地区に分かれて捜索活動の訓練を行い、捜索の方法をみんなで話し合ったり、徘徊役の方へ声掛け等を行い、徘徊者が出たときに、どのように行動すればよいのか考える場となりました。

 
CIMG6395
開会式の様子
CIMG6416
声かけの寸劇
 
CIMG6433
捜索活動の様子
CIMG6437
徘徊者役の方への声かけの様子
 
CIMG6443
捜索活動の様子
CIMG6461
閉会式の様子
 

お問い合わせ

福祉部 介護長寿課
住所:〒871-8501 大分県中津市豊田町14番地3
TEL:0979-22-1111
FAX:0979-24-7522
備考:迷惑メール防止のため @ は _アットマーク_ と標記していますので変更してください

このページについてお聞かせください