緑茶うがいで風邪予防

Google+でシェア
Facebookでシェア

公開日 2017年11月16日 15時40分

 平成29年11月8日水曜日、有限会社 耶馬溪製茶(矢野 勝美社長)より、旧下毛地区の小学校10校に、うがい用の緑茶(5,000パック)が寄贈され、耶馬溪支所の井手上支所長が代表して受け取りました。
 また、その後、矢野社長は、津民小学校にも出向き、「児童の皆さんには、殺菌作用のある緑茶でうがいをして風邪を予防して、寒い冬を元気に乗り切ってください。」と、挨拶をされました。
 この活動は、平成21年度、山移小学校に茶葉を寄贈したのが始まりで、耶馬溪地域の全小学校へ、そして旧下毛地域の小学校へと広がっていきました。
 お茶の渋みや苦味は、カテキンが原因ですが、このカテキンには、ウィルスを撃退する効果があり、風邪菌の増殖を防ぐ作用があるそうです。また、お茶には、フッ素も含まれていますので、歯を強くし、虫歯にならない抵抗力をつける働きもあるそうです。
 長年に渡っての寄贈、誠にありがとうございます。
 皆さんも、たくさんお茶を飲んで、この冬を元気に過ごしましょう!!

 
お茶1
耶馬溪支所応接室にて寄贈(左:矢野勝美社長  右:井手上支所長)
 
お茶2
たくさんうがいをしてください。
お茶3
そして、お茶を好きになってください。
 
お茶4
みんなで準備
お茶5
のどを鳴らしてうがいをしましょう。
 

お問い合わせ

耶馬溪支所 耶馬溪地域振興課
住所:〒871-0405 大分県中津市耶馬溪町大字柿坂138番地1
TEL:0979-54-3111
FAX:0979-54-2646
備考:迷惑メール防止のため @ は _アットマーク_ と標記していますので変更してください

このページについてお聞かせください