九州北部豪雨復旧復興祈念『ひがた美人シンポジウムin中津』が開催されました

Google+でシェア
Facebookでシェア

公開日 2017年11月14日 14時04分

 平成29年11月11日(土)、小幡記念図書館にて「ひがた美人シンポジウムin中津」が開催されました。このシンポジウムは、今年7月の九州北部豪雨被害からの復旧・復興を祈念して大分県漁協中津支店が主催し、基調講演を水産研究教育機構 瀬戸内海区水産研究所 干潟生産グループ長 広島大学大学院生物圏科学研究科 客員教授 浜口 昌巳氏が行いました。「養殖牡蠣のブランド化戦略~世界の牡蠣養殖事情と『ひがた美人』」と題して、国内外のカキ養殖の紹介やひがた美人のブランド戦略・マーケティングの重要性等について講演していただきました。
  ​また、「ひがた美人」養殖の概要を本田 氏(漁協中津支店長)、事例発表として鈴木 隆氏(
ファームスズキ​ ​)とアシュリー・ターナー氏(南オーストラリア州)に講演していただきました。
 当日は、県議会議員・市議会議員をはじめ多くの方々に参加していただき、中津市のブランド牡蠣「ひがた美人」を深く知る機会となりました。今年度も例年通り12月中旬より出荷予定ですので、是非「ひがた美人」を味わってみてください。
                                                                      
シンポジウム1111
       基調講演(浜口 昌巳 氏)
講演
事例発表(鈴木 隆 氏)

地図

関連ワード

お問い合わせ

商工農林水産部 水産振興課
住所:〒871-8501 大分県中津市豊田町14番地3
TEL:0979-22-1111
FAX:0979-24-7522
備考:迷惑メール防止のため @ は _アットマーク_ と標記していますので変更してください

このページについてお聞かせください