白地楽(かっぱ祭り) 

Google+でシェア
Facebookでシェア

公開日 2013年08月06日 00時00分

2013080600228_192_168_0_31_kankou_maturi_2011080400428_files_shirajigaku.jpg
 

【概要】
 中摩仲秋祭が亀岡八幡神社にて開催され、神楽のほか、市指定無形文化財の「白地楽」(しらじがく)も奉納されます。
 白地楽はカッパを封じ込む踊りで、元文2年(1737年)が起源といわれています。はやしの音色に合わせ、カッパを示す赤装束の「中むらし」を取り囲むように、4名の「大団扇持ち」が大きな団扇(うちわ)をかざしながら力強く舞います。

【開催地】
山国町 亀岡八幡神社

【開催期間】
9月中旬

 

このページについてお聞かせください