出生届の手続き

Google+でシェア
Facebookでシェア

公開日 2014年04月01日 00時00分

出生届とは

 出生届は、生まれてきたお子さんの氏名、親族関係等を公的に証明するために必要な戸籍や住民票の登録を行う大切な手続きです。
※戸籍に記載されるのは日本国籍のお子さんだけですが、外国籍のお子さんが生まれた場合も同じように届出が必要です。

対象者

 お子さんが生まれた方

届出できる人

父または母
(届書を持参される方はどなたでも構いませんが、来庁できない場合も届書の届出人の署名・押印は、父または母となります。)
※父または母を届出人とできない場合は、
1.同居者
2.出産に立ち会った医師または助産師その他の者
の優先順位で届出を行って下さい。

届出の期限

生まれた日から14日以内
※生まれた日を1日目として数えます。14日目が休日の場合は、翌開庁日までです。
国外で生まれた場合は、生まれた日も含めて3か月以内です。

届出にかかる手数料

無料

届出に必要なもの

1.出生届、出生証明書(同一の用紙です。病院で証明書欄の記載をしてもらってください)
 ※出生証明書、出生届の記載に「消えるインク」を使用したボールペンは使用できません
2.届出人の印鑑(出生届に押印したものと同一の印鑑)
 ※シャチハタなどのスタンプ式印鑑は使用できません
3.母子健康手帳

届けるところ

届出人の本籍地・住所地・子の出生地いずれかの市区町村役場
※ 中津市役所では夜間、土曜、日曜、祝祭日も警備室で受け付けています。

同時に行っていただく手続き

1.お子さんの国民健康保険加入手続き、出産育児一時金申請(保険年金課)
※届け出時、中津市内居住の方で、生まれたお子さんが国民健康保険に加入する場合のみ
2.児童手当の認定登録(子育て支援課)
3.子ども医療費助成の受給登録(地域医療対策課)

お問い合わせ

生活保健部 市民課
住所:〒871-8501 大分県中津市豊田町14番地3
TEL:0979-22-1118
FAX:0979-24-7522
備考:迷惑メール防止のため @ は _アットマーク_ と標記していますので変更してください

このページについてお聞かせください