災害から身を守る

備え
 近年、日本において、集中豪雨、地震、火山の噴火などの大きな災害が頻発していますが、防災対策・災害対応を考えるうえで重要な「自助」「共助」「公助」を皆さんはご存知でしょうか?

 「自助」とは、自ら(家族も含む)の命は自らが守ること、「共助」とは、近隣が互いに助け合って地域を守ること、そして「公助」とは、国、市町村をはじめとする自治体や警察、消防などによる対応、対策を言います。
 災害対策の第一歩は、ひとりひとりが防災意識を高め、「自助」力を高めることですが、それを近所、地域で連携する「共助」力に繋げることが、地域全体の防災強化につながります。

 平成26年11月22日に発生した「長野県北部地震」では、山間部の高齢者が多い地域、夜間の災害発生、そして最大震度6弱の揺れであれほどの建物倒壊が発生したにもかかわらず、住民ひとりひとりの「自助」と住民同士の連携「共助」が力を発揮し、ひとりの犠牲者も出さない「奇跡」を起こしました。

 こちらのページでは、いざという時の避難場所や避難のしかたをはじめ、防災、減災に関する様々な情報を掲載しています。どうぞじっくりと読んでいただき、いざという時への備えを行ってください。

新着お知らせ

トピックス

  • Hinan1 大塚地区防災会が防災訓練を行いました (2018年11月12日 防災危機管理課)
     平成30年11月11日日曜日、大塚地区防災会(会長:細田春義氏)が、地区内にて防災訓練を行いました。  訓練は、地区住民109名が参加し、それぞれが各家庭などにおいて、訓練開始の合図に合... 続きを読む
  • Kunren1 豊田町3丁目地区防災会が防災訓練を行いました。 (2018年11月06日 防災危機管理課)
     平成30年11月3日土曜日、豊田町3丁目地区防災会(会長:小形隆喜)が中央公園で防災訓練を行いました。  訓練には、豊田町3丁目地区の住民や、なかつJAフェア来場者など計145名が、地震... 続きを読む
  • 防災士について (2018年11月05日 防災危機管理課)
    1.防災士とは?  防災士とは自助・共助・協働を原則として、社会の様々な場で防災力を高める活動が期待され、 そのための十分な意識と一定の知識・技能を修得したことを日本防災士機構が認証し... 続きを読む
  • J60a7858-2 中津市防災士協議会について (2018年11月05日 防災危機管理課)
    1.設立の背景  中津市では、平成24年度から防災士の養成をはじめて、多くの方が防災士の資格を取得しました。  しかし、防災士の資格取得後、防災士同士の繋がりが欲しい... 続きを読む
  • Setumei 上宮永3丁目北地区で防災訓練が行われました。 (2018年10月22日 防災危機管理課)
     平成30年10月20日日上宮永3丁目北地区自主防災会(会長:橋内郭行)が豊田公民館で防災訓練を行いました。  訓練には、住民など約40名が参加しました。防災危機管理課から、これまでの同地... 続きを読む

まちのトピックス

  • Ck0a7971 ユレルンダーで地震を体験~真坂保育所で避難訓練~ (2017年11月16日 三光地域振興課)
     平成29年11月16日木曜日、真坂保育所で火事が発生したことを想定した総合避難訓練が行われました。  園児達は防災DVDを見た後、「おはしも」(押さない、走らない、喋らない、戻らない)の... 続きを読む
  • Pb131384 秣地区で防災体験が行われました (2016年11月14日 三光総務・住民課)
     平成28年11月13日日曜日、東部出張所にて三光秣(まくさ)地区の3地区合同(西秣、下秣、上秣)の防災体験が行われました。体験者は体験を通じて自助、共助、『近助』の大切さを学びました。 ... 続きを読む
  • 81 山口保育所で避難訓練が行われました (2016年01月14日 三光地域振興課)
     平成28年1月14日、山口保育所で地震が発生したことを想定した避難訓練が行われました。先生が「地震だよ!」と大きな声で知らせると、園児は急いで机の下に避難をしました。また、さくら組の園児は... 続きを読む
  • 1 三光支所職員が消防放水訓練を行いました (2015年10月29日 三光総務・住民課)
     平成27年10月29日、三光支所職員6名による消防放水訓練が行われました。訓練は火災発生の連絡を受け、班長以下5名が支所消防車庫前に集合、消防車両にて現場へ向かい消防積載車可搬ポンプを使用... 続きを読む

カテゴリ記事