7月

2018年07月31日
総会の様子

 平成30年7月31日火曜日、大分市内にて平成30年度大分県東九州新幹線整備推進期成会総会が開催されました。当会は、東九州新幹線の早期実現を図ることを目的に、官民一体となった推進体制を構築するもので、会長は広瀬勝貞大分県知事が務められています。
 今回の総会では、平成29年度の事業・決算報告及び平成30年度事業計画・予算案について協議が行われたほか、東洋大学経営学部教授 石井晴夫氏による講演が行われました。

2018年07月31日
市長あいさつ
集合写真

 平成30年7月31日火曜日、中津市役所南口で「平成30年度中津市農業委員会農地パトロール出発式」が行われました。
 奥塚市長は「農業委員会の皆様、推進委員の皆様におかれましては、いつも農地の確保や耕作放棄地の解消に努めていただきありがとうございます。農地の現状を調査し把握していただくことで、農地を守り、そして地域環境を守っていくことは大切なことです。最近の気象は予想がつきにくいですが、農業は天候と結びつきが強く、あらゆる災害に備えていかなければなりません、災害の対応を一緒に進めていきましょう。暑い中ですが、水分をしっかり取り、体に気を付けてパトロールしてください。よろしくお願いします。」と挨拶しました。

2018年07月31日
中津ライオンズクラブのみなさん

 2018年7月30日月曜日、中津ライオンズクラブのみなさんが市役所を訪れ、奥塚市長と懇談しました。

2018年07月29日
市長あいさつ
 
開会式の様子
試合を観戦する市長
 
会場全体の様子

 平成30年7月29日日曜日、ダイハツ九州アリーナで「第14回大分県整骨旗争奪少年柔道大会・第27回文部科学大臣杯争奪日整全国少年柔道大会選考会」が行われました。
 奥塚市長は「本日は選手の皆さん、大会関係者の皆様、そして応援の皆様、ようこそ中津市においでくださいました。中津市を代表しまして一言申し上げます。柔道は心と体を強くしてくれるスポーツです。今日は、日ごろの成果を十分に発揮してもらいたいと思います。市内では中津祇園が開催されており、お腹が空いたら中津からあげもありますので、試合後もぜひ中津市を楽しんで帰ってください。健闘を祈っています。頑張ってください。」と挨拶しました。

2018年07月29日
市長あいさつ
市長あいさつ
開会式の様子
開会式の様子
音頭棒をふる市長
音頭棒を振る市長
 

 平成30年7月28日土曜日、福沢通り「ふれあい広場」で中津祇園開会式が行われました。
 奥塚市長は「中津祗園保存協議会のみなさんの熱い思いと真摯な取組みによって、この中津の文化と伝統を守る中津祗園がこのように盛大に開催されます。みなさんと共に心からお慶びを申し上げたいと思います。昨日、龍王町の祇園車に乗せていただきました。みなさん方の熱意とエネルギーがこの中津の町を包んでいます。中津は今、次の世代を生み出す元気な町になろうとしています。どうぞこの中津をみなさん方が愛していただいて、中津の元気をさらに盛り上げるように、この祇園でみなさんのエネルギーを発散してください。今日は、中津市外からも多くのみなさんにこの中津祗園がどんなものかと見に来ていただいています。中津を全国に売り出し中津に来てもらう、そして住んでいる人はこの中津の良さを実感して、また中津の外にいる人も中津に帰ってきてもらう、そんな中津の町にしたいと思います。ここにいる全員が力を合わせて中津を盛り上げていこうではありませんか。このシンボルである中津祗園祭り、みなさん方のエネルギーを頼りにしています。どうぞ怪我のないように、そして今日明日とこの中津を盛り上げていただきたいと思います。」と挨拶をしました。開会式の後、市長の音頭棒で祇園車共演が始まりました。

 
2018年07月28日
祇園車
 
市長あいさつ
 
餅まきの様子
 
 平成30年7月27日金曜日、闇無濱神社で「龍王町祇園車奉納110周年記念行事」が行われました。奥塚市長は「今日は龍王町の祇園車を奉納してから110周年です。その記念行事にご案内をいただき本当にありがとうございます。龍王町は元気いっぱいですけれども、この祇園車に象徴されるように、明治42年から延々と引き継がれて現在の私たちがいるわけです。それをしっかりと引き継いでいただいた皆さんのパワーに敬意を表したいと思います。今、中津はまさに夏真っ盛り。若い人からお年寄りまで、この中津を元気にするために盛り上がっていると思います。このエネルギーを全国に発信して、住んでいる人みんなが楽しむとともに、外からも人を引き入れたいと思います。そのためにはここに住んでいる皆さん方、中津をふるさとにしている方が、この中津を愛していただき、龍王町を愛していただき、祇園祭を愛していただくことが大切です。私も今、汗びっしょりですが、一緒になって頑張ります。どうぞ皆さん一緒になって中津を盛り上げていただきたいと思います。本日は、本当におめでとうございます。」と挨拶をしました。この後、踊りが奉納され、餅まきも行われました。
2018年07月27日
花火
 
市長あいさつ
 
中津東高校マーケティング部のみなさん
 
 平成30年7月27日金曜日、「中津市民花火大会」が小祝漁港周辺で開催されました。奥塚市長は「今年も中津に夏がやってきました。今年は災害もあって、中津のまちに元気がなくなってしまった時期もありましたが、これから打ちあがって花開く花火のようにこの中津祇園をとおして、中津の元気をいろいろな人々に届けたいです。また、外の人々にも来ていただき中津に住んでいる人々と一緒に楽しんでいただきたいと思います。今日の花火大会を皮切りに、29日まで続く中津祇園をぜひ楽しんでください!」と挨拶をしました。約5,200発の色鮮やかな花火に、小祝グラウンドに集まった多くの観客のみなさんから拍手と歓声があがりました。
2018年07月27日
開会の言葉を述べる奥塚市長
総会の様子

 平成30年7月27日金曜日、日田市役所にて「平成30年度 一般国道212号改修促進期成会 定例総会」が開催されました。総会では、奥塚市長が開会の言葉を述べ、大分県・熊本県より一般国道212号の整備概要の説明を受けたのち、事業報告や決算報告等が行われました。

2018年07月26日
市長あいさつの様子
稽古の様子
稽古の様子
稽古の様子
稽古の様子
稽古の様子 

 2018年7月26日木曜日、「第33回国民文化祭・おおいた2018」「第18回全国障害者芸術・文化祭おおいた大会」で公演されるミュージカル「山国川奇譚 鶴市愛歌」の稽古を見学しました。
 奥塚市長は「『鶴市愛歌』は、中津市の国民文化祭の大きなイベントです。ぜひ成功させていただきたいと思います。本番を楽しみにしています。」と激励しました。

2018年07月25日
市長激励
出発式の様子
派遣メンバー
見送りの様子
 

 平成30年7月25日水曜日、中津市消防本部で平成30年7月豪雨に伴う緊急消防援助隊派遣の出発式が行われました。
 奥塚市長は、「7月豪雨では広島県や岡山県をはじめ西日本で、多くの方々がお亡くなりになり、今もなお、行方不明の方々がいらっしゃいます。今回、国からの要請で中津市からも緊急消防援助隊を派遣することになりました。消防隊5名、後方支援隊2名にはしっかりと自分たちのミッションを果たしてもらいたいと思います。中津市も、4月の耶馬溪町金吉での土砂災害で、不明者の救出や捜索の難しさを経験しています。40度に至る暑い中ですが、体力や知識をフル活用して、全力を尽くしてもらいたいと思います。危険を伴う活動になりますが、けがなく体調の維持に気をつけ頑張ってください。」と激励しました。
 中津市からは7人が広島市に派遣され、検索救助活動や後方支援活動を行います。

2018年07月24日
市長激励
決意表明
集合写真
握手の様子

 2018年7月24日火曜日、宇土クラブが市役所を訪れ、全日本卓球選手権大会および全国ホープス卓球大会出場を報告しました。
 奥塚市長は「全国大会出場おめでとうございます。宇土クラブは毎年立派な選手を輩出しています。心配になったら中津の人が応援していることを思い出してください。私も中津から応援しています。頑張ってください。」と激励の言葉を贈りました。

2018年07月24日
歓談の様子
記念写真

 2018年7月24日火曜日、鶴市花傘鉾祭実行委員会のみなさんが市役所を訪れ、8月25日土曜日から26日日曜日まで開催される鶴市花傘鉾祭について、奥塚市長と懇談しました。

2018年07月24日
あいさつする奥塚市長
総会の様子

 2018年7月24日火曜日、ヴィラルーチェにて中津日田間高規格道路促進期成会総会が開催されました。今回の総会では、平成29年度の事業・決算報告及び平成30年度事業計画・予算案についての協議が行われました。
 当会会長の奥塚市長は、「中津日田間高規格道路の全線開通に向けて、みなさんのご協力でこれまでも一歩一歩前進してきました。中津日田間の交通循環が完成することは、地域の活性化と安全・安心に大きく寄与するものと思います。特に、平成24年と平成29年の豪雨災害では、命をつなぐ道として高規格道路の意義が改めて強く認識されました。今後取り組みをスピードアップし、1日でも早く整備を促進していかなければなりません。そのための総会でもありますので忌憚のないご意見をいただき、引き続きご支援とご協力をお願い申し上げます。」とあいさつしました。

2018年07月23日
市長あいさつ
選手紹介
操法の披露
実技を観覧する奥塚市長
 

 平成30年7月23日月曜日、中津市消防本部で大分県消防操法大会激励会が行われました。
 奥塚市長は、「中津市消防団の皆様におかれましては、常日頃より市民の安全・安心と財産を守るため、昼夜を分かたず活動していただいていることに敬意を表するとともに、厚くお礼申し上げます。8月19日に行われる大分県操法大会は今回で30回を迎え、中津市消防団からは第1方面団第3分団と第4方面団第2分団の皆さんが出場されます。残りわずかの期間ですが、しっかり訓練していただき素晴らしい成果を収めていただきたいと思います。私も何度も県で操法大会を見てきましたが、トップになることは難しく、どんなに訓練していても上手くいかないことが出てきます。良い成績を収めたチームは訓練を重ねることとチームワークが大切だと言っていました。毎日の健康づくりと体調の維持に留意して頑張っていただきたいと思います。」と激励しました。
 出場する各分団の選手紹介を受けた後、操法の実技を観覧しました。

2018年07月23日
記念品を手渡す奥塚市長
歓談する東納さんと奥塚市長

 2018年7月23日月曜日、百歳を迎えたお祝いのため燦燦館中央を訪問し、東納メグミ(とうのう めぐみ)さんに表彰状と記念品を贈りました。
 東納さんは、身の回りのことを自分でしており、長生きをしようと思わなくても長生きできたのは、きちんとご飯を食べているからだそうです。
 奥塚市長は、東納さんとのひと時の会話を楽しみながら長寿のお祝いをしました。東納メグミさん、これからもどうぞお元気で。

2018年07月22日
集合写真

 2018年7月22日日曜日、今年で第12回目を迎える三光コスモス祭りの会場となる三光コスモス園で、地域の方々が持ち寄ったトラクター約40台による耕起作業が行われました。
 奥塚市長は、「日本一のコスモス園をつくらんかいエーノーグループと三光コスモス祭り実行委員会のみなさんのおかげで、三光コスモス園は中津の秋の風物詩となっております。4月に発生した土砂災害の風評被害を払拭するにあたり、三光コスモス祭りは秋の中津を売り出す先行のイベントです。みなさんの力を集め、行政も一緒に、もっと全国的に知られるようにしていきたいと思います。本日は、ケガのないように気を付けて作業してください。」とあいさつしました。
 また、奥塚市長はトラクターによる耕起作業も体験しました。
 平成30年度三光コスモス祭りは、10月14日日曜日から11月4日日曜日まで行われます。西日本最大級のコスモス園でみなさんをお待ちしています。

あいさつする奥塚市長
参加した地元のみなさんとトラクター
耕起作業に参加する奥塚市長
耕起作業の様子
2018年07月20日
決意表明
奥塚市長あいさつ
記念写真
激励の握手で送り出す奥塚市長

 2018年7月20日金曜日、東九州龍谷高等学校(バレーボール部、ライフル射撃部、柔道部、空手道部)の生徒が市役所を訪れ、全国大会出場を報告しました。
 奥塚市長は「全国大会出場おめでとうございます。コンディションを整えて全力でがんばってください。苦しい時こそ、家族や先生だけではなく、市民のみんなが応援していることを忘れないでください。うれしい報告を期待しています。」と激励の言葉を贈りました。

2018年07月19日
歓談の様子
集合写真

 平成30年7月19日木曜日、中津シルバー野球の皆さんが市役所を訪れ、「第20回全日本選抜還暦軟式野球大会」出場を報告しました。
 奥塚市長は「全国大会出場おめでとうございます。皆さんが野球している姿は、若い時から見てきましたが、あの時の実力があってこそ、今も現役で活躍されているのだと思います。ぜひ全国大会でも活躍していただき、全国に中津の名前を轟かせてきてください。健闘を祈っています。」と激励しました。

2018年07月19日
歓談の様子
記念撮影

 平成30年7月19日木曜日、泉 一徳(いずみ かずのり)氏より「緑化功労者 国土緑化推進機構会長賞」受賞についての報告をいただきました。※緑化功労者の表彰は、国土緑化運動に永年にわたって貢献し、その功績が顕著であった方を緑化功労者として表彰します。
 奥塚市長は「受賞、おめでとうございます。泉さんが、緑を守る活動を市だけでなく、県レベルでもされていて、子どもたちの育成の方にも尽力されていることを感謝申し上げます。植物、あるいは森全体が、人に与える恵みを小さい頃から知っていることは、ふるさとを愛する気持ちに繋がっていると思います。今後も様々な分野で活躍してください。」とあいさつしました。

2018年07月19日
市長あいさつ
全体の様子

 平成30年7月19日木曜日、中津市役所3階大会議室で平成30年度消費生活市民講座開講式が行われました。奥塚市長は「皆様におかれましては日頃より市政運営へご協力いただきありがとうございます。インターネット社会になり高齢者にとってわからないことが増え、消費者がトラブルに巻き込まれるということが多くなってきています。これは遠くで起こっていることではなく、中津市でも実際に起こっていることですので、知識をもって対応しなければなりません。また、被害にあっても最小限に抑えることが大切です。中津市では、消費生活センターとして相談員を二人設置しており、昨年度は385件の相談がありました。その内、50件が相談により被害から回復できています。このように、法律相談を受けたり、手口などをしっかり知ることで自分はもちろん、周りの人たちが被害にあわないよう努めていただければと思います。市としましても、市民生活が安全・安心なものになるよう一緒に考えていきたいと思います。」と挨拶しました。