11月

2018年11月30日
市長あいさつ
発隊式の様子
 

 2018年11月30日金曜日、中津警察署で年末年始特別警戒部隊発隊式が行われました。
 奥塚市長は「日ごろからのみなさんの活動に、心から感謝しています。今年の4月に耶馬溪で山地崩壊がおこった際は、自身の命も危険にさらされながら使命を果たしていただきました。みなさんのご尽力に厚く御礼申し上げます。そして、最近の情勢を見ますと、みなさんの努力のおかげで、犯罪や交通事故の発生件数が減少してきています。中津市が住みやすいまちとなるには、安全・安心は大きな柱です。あわただしい年末年始になるとは思いますが、特別警戒を行うことによって、安全・安心なまちになるようご協力をお願い申し上げます。」と挨拶しました。

 
2018年11月27日
歓談の様子
集合写真

 2018年11月27日火曜日、大分県食品衛生協会副会長で、中津食品衛生協会会長の黒土輝巳さんが市役所を訪れ、平成30年度「食品衛生事業功労者厚生労働大臣表彰」の受賞を報告しました。
 奥塚市長は「会長として、指導員として長年の功績が顕著に表れた結果だと思います。おめでとうございます。安心して食べるということは極めて大切であり、衛生管理のおかげで市民や市外の人たちも味を楽しむことができています。これからもよろしくお願いします。」と祝福の言葉を述べました。

2018年11月26日
式典の様子
あいさつする奥塚市長
テープカット
1階カフェバーコーナー

 2018年11月26日月曜日、日ノ出町商店街で秘密基地中津プレオープンが行われました。
 奥塚市長は、「商店街をもっと元気にする方法はないかということは、行政にとっても1つの課題です。この秘密基地中津は、すばらしいアイディアでチャレンジングな取り組みであり、ひとりではなく中津商工会議所青年部のメンバーでクリエイティブベース中津という会社を設立し、事業を展開するという民の力のすごさを感じたところです。1階はカフェバーコーナー、2階はコワーキングスペースとして整備するとともに、中津創生塾という起業に向けた講座を開講し、来年度には3階をシェアオフィスとして開放すると聞いています。この事業は県と市が支援しておりますが、これからもみなさんの力を結集して、夢を実現させる秘密基地になるように期待しています。」とあいさつしました。

2018年11月26日
行政報告を行う奥塚市長 
議場の様子

 2018年11月26日月曜日、平成30年第4回中津市議会定例会が開会し、奥塚市長から行政報告および提出議案説明を行いました。
 行政報告および提出議案説明書の詳しい内容は、関連記事をご覧ください。

2018年11月25日
開会式に集まる参加者のみなさん
あいさつする奥塚市長
選手宣誓
地元の三光陸上クラブを激励

 2018年11月25日日曜日、第35回諭吉の里「なかつ」ハーフマラソン・ウォーキング大会が、三光総合運動公園をスタート・フィニッシュに行われました。
 奥塚市長は、「35回という長い歴史を重ねてきました。1,000人近くの人が、遠くは関東から参加していただいていて、それほどこの大会は認知されていると思います。日頃の練習の成果を存分に発揮し、自分の体に合ったペースで参加してください。自分の健康を自分でさらに増進し、多くの仲間と一緒になって楽しみ、終わった後は中津でおいしいものを食べて、明日の元気につなげてください。」とあいさつしました。

ウォーキングのスターターを務める奥塚市長
3kmコースの参加者を応援する奥塚市長
2018年11月21日
市長あいさつ
選手宣誓の様子
グラウンドゴルフの様子1
グラウンドゴルフの様子2

 平成30年11月21日水曜日、ダイハツ九州スポーツパーク大貞の芝生広場で「第13回市長杯親善グラウンドゴルフ大会」が開催されました。
 奥塚市長は「本日は、市内から170人もの方々が参加してくださりありがとうございます。また、大会開催にあたり、関係者の方々には感謝申し上げます。今日の大会では、笑いながら、そして時には真剣に、力いっぱいプレーをしていただきたいです。そんなみなさんの姿が、市民の健康や、まちの元気につながります。私も皆さんに負けないように市政を進めてまいります。今日は仲間たちとたくさん楽しんで、元気になってください。」と挨拶しました。

2018年11月20日
理事会の様子
事務局の説明を聞き取る奥塚市長

 2018年11月20日火曜日、平成30年度第2回中津市社会福祉協議会理事会が中津市教育福祉センターで行われ、平成30年度補正予算などの議案について協議しました。

2018年11月18日
来場者を出迎える傘鉾
あいさつする奥塚市長
ミュージカルの様子
出演者を労う奥塚市長

 2018年11月18日日曜日、国民文化祭の分野別事業であるミュージカル「山国川奇譚 鶴市愛歌」が中津文化会館で行われました。
 奥塚市長は、「大分県で開催されている国民文化祭/全国障害者芸術・文化祭について、中津市でもしっかり取り組んでいくにあたり、2つのことを考えました。1つは、できるだけ多くの市民に参加してもらうということで、この市民ミュージカルの出演者は市民から公募しました。2つ目は、中津の自然・歴史・文化を、過去・現在・未来がつながるように表現していくということです。この鶴市愛歌も、子どものころに聞いたお鶴と市太郎の物語は昔から引き継がれてきたもので、中津の奥深さを表すのにピッタリだと思います。今回は、鎌倉時代から続く北原人形芝居やバレエ・日舞でアレンジした素晴らしいミュージカルになっています。中津が持っている芸術・文化の素晴らしさを再認識し、中津の元気につなげていきましょう。」とあいさつしました。

エンディングではスタンディングオベーション
2018年11月18日
血圧を測定する東九州龍谷高校の生徒たち
東九州龍谷高校の生徒による発表
あいさつする奥塚市長
産業医科大学の酒井先生の講演

 2018年11月18日日曜日、平成30年度(第39回)中津市健康づくり推進大会が中津市教育福祉センターで行われました。
 奥塚市長は、「東九州龍谷高校衛生看護科のみなさんから立派な発表がありましたが、ロコモティブシンドロームなど新しい情報に対して、医療や健康維持方法は日々改善されています。長生きはもちろんですが、健康寿命(お達者年齢)を伸ばすことがとても大切な課題です。中津市でもお達者年齢は少しずつ伸びていますが、これも医療関係者のみなさんのご助力や市民のみなさんの積極的な参加のおかげです。今日は産業医科大学の酒井昭典先生にご講演いただきますので、新しい知識を得て実践していただきたいと思います。医療関係者による相談コーナーや健診が行われていますので、ぜひ活用してください。実は、国民健康保険加入者の健診受診率が大分県内で最も低いのは中津市だと言われていますので、ぜひ受診して自身の健康を確認してください。」とあいさつしました。

2018年11月17日
神楽の奉納
あいさつする奥塚市長
竣工式の様子
馬溪橋右岸側に設置される記念碑の除幕式

 2018年11月17日土曜日、耶馬溪公民館で山国川床上浸水対策特別緊急事業竣工式が行われました。
 奥塚市長は、「平成24年7月九州北部豪雨で2度の記録的豪雨で未曽有の被害を受けたため、平成25年度に山国川床上浸水対策特別緊急事業が採択され、山国川中流部約10km区間で堤防整備や河川掘削など、国の事業として約5年かけて緊急的に実施されました。施工にあたっては、名勝であり国定公園であるこの地域の景観にマッチするように整備していただきました。おかげさまで、平成29年7月九州北部豪雨では浸水被害などを最小限に食い止めることができました。国は山国川水系水防災意識社会推進協議会を平成28年3月に立ち上げ、避難行動100%と地域経済への影響最小化を目標に、ハード・ソフト対策を一体的に推進しています。中津市としても、市民の生命・財産を守るために、万が一の災害に備え、平常時より施設の維持管理と地域防災力の向上に努力を続けます。」とあいさつしました。

2018年11月15日
受賞者との記念写真
市長あいさつ
表彰式の様子
ご来場のみなさん
 

 平成30年11月15日木曜日、中津文化会館で「第38回人権を守る市民の集い」が開催されました。
 奥塚市長は「本日は、『第38回人権を守る市民の集い』にお集まりいただきありがとうございます。世界では、昭和23年に世界人権宣言が国連総会において採択されました。日本では、12月4日から10日を人権週間とし、全国各地でさまざまな啓発活動が行われています。一昨年には、障害者差別解消法やヘイトスピーチ解消法などが施行され、あらゆる人権を尊重することは、重要課題にもなっています。しかし、現実社会では情報化の進展に伴い、インターネット上の掲示板に誹謗中傷を書きこまれるなど、新たな問題も発生しています。本日表彰をされるみなさまには心からの祝福を申し上げるとともに、中津市がどんな人にとっても安全安心の住みやすいまちになるようにしていきたいです。」とあいさつしました。
 「第38回人権を守る市民の集い」では、人権啓発優良団体、人権標語優秀作品および人権作文コンテストの表彰や、元タカラジェンヌ・LGBTアクティビストの東 小雪さんによる記念講演が行われ、多くの人が来場しました。

 
2018年11月11日
正行寺門前
到着の様子
正行寺
市長あいさつ
 

 2018年11月11日日曜日、第3回目の頼山陽 来遊200年記念 バス&ウォークが開催され、最終回の今回は本耶馬渓の羅漢寺をはじめとする市内各名所を散策しながら、バスツアーの最終地である正行寺で閉会式が行われました。
 奥塚市長は「実行委員会のみなさんは、この機を逃さずこの事業をやっていただきました。大変お疲れさまでした。そして何よりも、この行事にご参加いただいた福岡県から30名を超えるみなさん、そして地元のみなさん、今日はバス&ウォークをお楽しみいただいたと思います。思い描いた耶馬渓を実体験することで、中津の自然はもちろん奥行のある文化、歴史を味わっていただけたのではないかと思います。雲華上人と頼山陽先生がこのように深い関係があって、この正行寺が長い長い歴史を通してこのように素晴らしいお寺として残っている。それがまた中津の歴史の奥深さです。昨日まで、台湾の台中市に行ってまいりました。頼山陽先生が名付けた耶馬渓という名前が日本全国にあるわけですけれども、海を越えた台湾の地にも残っているということに、耶馬渓の魅力はまだまだ輝き、外に広がるものだと感じました。みなさん方も、ぜひともこの中津に何度も足を運んでいただきたいと思います。」とあいさつしました。

2018年11月08日
あいさつする奥塚市長
出発式の様子
記念写真
バスに乗り込み出発

 2018年11月8日木曜日、中津市役所市民ホールで中津市台中訪問団出発式が行われました。
 団長の奥塚市長は、「中津商工会議所、中津市しもげ商工会、中津市工業連合会、中津耶馬渓観光協会、中津市議会、そして市が一緒になって台中にPRへ行きます。昨年2月にサイクルツーリズム及び観光友好交流の促進に関する協定を台中市と締結しています。今回は、台中市からフローラ世界博覧会(花博)への参加の招請を受けて訪問することになりました。花博を見て台中のことをよく知るとともに、参加者一人ひとりが広報パーソンとして、中津市のあらゆる情報を台湾・台中の人たちに拡散していきたいと思います。中津の元気を一緒になって発信していきましょう。」とあいさつしました。

2018年11月06日
記念写真

 2018年11月6日火曜日、中津地区少年警察ボランティア協会が大分県功労者表彰の受賞を市長に報告しました。

2018年11月05日
あいさつする奥塚市長
テープカット
移動販売車の出発を見送る奥塚市長
買い物を楽しむ地域のみなさん

 2018年11月5日月曜日、山国地域買物弱者支援事業の移動販売車出発式が、コアやまくにのみんなのお店前で行われました。
 奥塚市長は、「買い物に大変不便な地域が全国にたくさんありますが、この山国においても買い物が大変だという声があり、2015年7月にみんなのお店を開設しました。一方で、交通手段のない、あるいは高齢になってなかなか出かけられない人たちへの支援をどうするかという問題に対して、移動販売を実施することになりました。県の補助で若草色の移動販売車1台の購入と倉庫を整備し、既存の1台も合わせた2台で週2回、山国の各地を回って食料品や日用品を販売します。県、市議会、これまで移動販売をしてくれていた人、地域のみなさんが一緒に考えて移動販売をスタートすることができましたが、これからは、販売の面でみなさんのご協力をお願いします。小規模集落、山間地での新しい取り組みとして、中津から発信していきたいと思います。」とあいさつしました。

2018年11月05日
於久さんと歓談する奥塚市長
記念写真

 2018年11月5日月曜日、百歳を迎えたお祝いのため於久武(おくたけし)さんのご自宅を訪問し、表彰状と記念品を贈りました。
 於久さんは、軍隊に入っていた頃、東ティモール(当時はインドネシア領)に長く滞在していたこともあり、バナナが好きとのことでした。また、若いころからお酒を飲まず、たばこも一切吸ったことがないので健康であるとお話しされていました。
 奥塚市長は、於久さんやそのご家族のみなさんとの会話を楽しみながら長寿をお祝いしました。於久武さん、これからもどうぞお元気で。

2018年11月04日
あいさつする奥塚市長
劇「かさじぞう」
みんなで手遊び
大きな風船を楽しむ観客席

 2018年11月4日日曜日、東九州短期大学主催の第32回チャイルドフェスティバルが、中津文化会館で行われました。
 奥塚市長は、「中津の若い力が、この会場にあふれているなと感じています。今、保育士、幼稚園の先生、小学校などが一緒になって、教育のまち中津にしようと協力しています。今日のイベントでは、幼児教育学科の学生による劇や、HAMORI-BEというお兄さん2人による美しい歌などがあります。今日は一緒に子どもたちの成長を願い、チャイルドフェスティバルを楽しんで、明日の元気につなげてください。」とあいさつしました。

2018年11月04日
市長あいさつ
参加者
植樹のデモンストレーション
植樹の様子
 

 2018年11月4日日曜日、耶馬渓アクアパークにて「第21回『耶馬の森林』植樹の集い」が行われ、中津市~北九州市までの日豊線沿線市町の住民約510人が参加しました。
 奥塚市長は「本日は、このように多くのみなさんの支えのもと、植樹の集いが開催されることを大変嬉しく思います。「耶馬の森林」育成協議会は、9つの自治体と3つの団体のみなさまが、『水』というキーワードをもとに集い、山や水を守っていこうという協議会だと思っています。自然が生み出す産物は素晴らしいもので、山でとれたもの、海でとれたものの多くが私たちの生活を豊かにしてくれています。また、先月は出発地を北九州とするウォーキング大会がありました。参加者は総勢1,100人だったと伺っています。この山国川からの水が流れる地域の結束力を示しているのではないかと思います。本日植樹をする場所は急斜面になっていますので、足元には気を付けて植樹をしてください。ご参加していただいたみなさまにお礼を申し上げるとともに、この水がみなさまの生活の一助となることを祈念しまして開催のあいさつと致します。」とあいさつしました。

2018年11月03日
あいさつする奥塚市長
ステージの様子
バルーンアート前には子どもたちの行列が
多くの人で賑わう農産物の直販所

 2018年11月3日祝日、中央公園で第24回なかつJAフェア(新しいウインドウで開きます)の開会式が行われました。
 奥塚市長は、「今年は高温少雨や台風など心配なできごとが多くありましたが、大きな被害もなく立派な作物ができています。農協のみなさんは、中津の一次産業、農業を盛り上げようと必死になってがんばってくれています。行政も一緒になって、生活産業でもある農業を将来にわたって引き継いでいけるように努力していきます。JAフェアは、生産者と消費者との出会いの場ですので、お互い一緒になって盛り上げてください。一緒に楽しみましょう。」とあいさつしました。
 第24回なかつJAフェアは、明日4日日曜日まで開催しています。

2018年11月03日
表彰状を手渡す奥塚市長
記念写真

 2018年11月3日祝日、市役所で平成30年度中津市表彰式が行われ、個人40人と9団体が表彰されました。
 奥塚市長は、「受賞者のみなさまには、多年にわたりそれぞれの分野において献身的なご尽力とご奉仕により、地域社会の発展に大きなご功労をいただきました。心より感謝を申し上げます。これまでの知識と経験を活かし、引き続き郷土中津の発展と住民福祉の向上に向けて、ご協力賜りますようお願い申し上げます。」と式辞を伝えました。