救急車の利用について

Google+でシェア
Facebookでシェア

公開日 2011年10月01日 00時00分

最終更新日 2018年06月20日 13時33分

救急車の利用をもう一度考えてみてください!

 救急車は、けがや急病などで緊急に病院に搬送しなければならない傷病者のためのものです。緊急ではないのに救急車を要請すると、本当に救急車を必要とする事故が発生した場合、救急車が出動できなかったり、到着が遅れることで、救える命が救えなくなるおそれがあります。
緊急性がなく自分で病院に行ける場合は、救急車以外の交通機関等を利用してください。
 傷病者の様子や事故の状況などから、急いで病院へ連れて行ったほうがよいと思ったときには、迷わず119番通報をしてください。

救急車の誤った利用例

・早く診察してもらえる
・今日、受診予約を入れている
・自家用車がない
・タクシーだとお金がかかる
・どこの病院に行けばいいのかわからない など

緊急性の高い病気やケガ⇒すぐに119通報してください

・呼びかけても反応がない若しくはいつもと様子が違う
・息苦しそうもしくは息をしていない
・激しい頭痛、腹痛、胸の痛み
・ケイレンしている
・転落した
・一見して何かおかしい など

ちょっと待って
救急車を呼ぶ前にもう一度考えてみましょう!!!

お問い合わせ

消防本部 消防署
住所:〒871-0027 大分県中津市大字上宮永364
TEL:0979-22-0001
FAX:0979-22-0134
備考:迷惑メール防止のため @ は _アットマーク_ と標記していますので変更してください

このページについてお聞かせください