中津市歴史民俗資料館/県指定文化財

Google+でシェア
Facebookでシェア

公開日 2011年10月01日 00時00分

最終更新日 2015年02月14日 03時23分

logo6_1.gif    
   logo2_2.gif Museum of History and Folklore
        
             
  logo7_1.gif   logo7_2.gif   logo7_3.gif  
             

logo7_2.gif                    logo123.gif 
  種別 名称 所在地 所有者 指定年月日 摘要
1 有形文化財
(絵画)
池大雅筆障壁書画 logo8.gif 中津市1903番地(新魚町) 自性寺 S35.3.22 池大雅の遺墨46点。
2 有形文化財
(工芸品)
永岡家刀 中津市大字一ツ松 個人 S55.4.8 銘:平鎮種 「星屑鎮種」
刃長2尺6寸2分5厘
3 有形文化財
(工芸品)
徳永家槍 中津市大字大新田 個人 S58.4.12 銘:信国吉則 刃長29.1cm
4 史跡 植野貝塚 中津市大字植野 個人 S32.3.26 縄文後期の貝塚。土器をはじめ、自然・人工遺物などから当時の生活を知ることができる。
5 史跡 三角池と薦神社logo8.gif 中津市大字大貞198番地5他 薦神社 S51.3.30 御神体である三角池および社殿。神門は細川忠興の再建。
6 史跡 棒垣遺跡 中津市大字福島1403番地 中津市 S57.3.30 縄文後期から弥生前期にかけての集落跡。
7 天然記念物 三角池の水性湿地群落 logo8.gif 中津市大字大貞209番地5他 薦神社 S55.4.8 6世紀末から7世紀中頃に築かれた人工池。貴重な生物群集がある。
8 有形文化財 織部燈籠 logo8.gif 中津市(殿町) 個人 S34.3.20 古田織部の考案と伝えられている燈籠。キリシタン関係資料。
9 無形民俗文化財 北原人形芝居 logo8.gif 中津市大字北原305番地 北原人形芝居保存会 S32.3.26 700年前から伝わる操り人形芝居。
10 無形民俗文化財 植野神楽 中津市大字植野1270番地 植野神楽
保存会
S41.3.22 若旗神社に伝わるもので、伊勢神楽を源流とし、豊前岩戸神楽の宗流である。
11 無形民俗文化財 豊前蛎瀬神楽 中津市大字蛎瀬
436番地の1
豊前岩戸神楽蛎瀬神盛会 H11.3.23 豊前系の岩戸神楽で、33番の演目を伝承している。
12 無形民俗文化財 豊前福島神楽 中津市大字福島1833番地
若宮八幡神社
福島神楽
保存会
H14.3.29 福島の若宮八幡神社を中心に伝わる豊前系の岩戸神楽。
13 無形民俗文化財 中津祇園 logo8.gif 中津市1647番地(古魚町) 中津祇園祭
保存協議会
H16.3.30 1430年頃の起こりと伝わる。山車での祭りは、1673年、時の藩主小笠原長勝公の時代より始まる。
14 有形文化財
建造物(石造)
箭山神社角塔婆 中津市三光田口3567番地1 箭山神社 H2.3.29 高さ116cm、四面それぞれに墨書種子がある。
15 有形文化財
(考古資料)
深水邸埋納遺跡出土遺物 中津市三光下深水 個人 H2.3.29 銅銭・和鏡・鉄小刀・鉄鉈・鉄鎌などが備前焼の中に一括して納められていた。
16 史跡 川平間歩の跡 中津市三光土田および臼木 荒瀬井堰
土地改良区
S59.3.30 貞享3年(1686)着工、元禄2年(1689)完工、昔のままのノミの跡が残る。
17 天然記念物 長谷寺境内林 中津市三光西秣2155番地 長谷寺 S51.3.30 長谷寺境内のコジイ・アカマツなどの自然林19,960平方メートル。
18 天然記念物 田口のイチイガシ林 中津市三光田口3572番地の一部他 中津市 S51.3.30
S59.3.30
八面山中腹にあるイチイガシ林など5,916平方メートル。
19 有形文化財
建造物(石造)
古羅漢国東塔 logo8.gif 中津市本耶馬渓町跡田 個人 S49.3.19 古羅漢の巨岩の突端にある。塔身は長く反花には蓮弁の彫刻はない。総高2.34m(室町時代)
20 有形文化財
(彫刻)
木造地蔵菩薩坐像 logo8.gif 中津市本耶馬渓町西谷3063番地 雲谷寺
観音講中
S51.3.30 檜材 寄木造 玉眼 白毫 像高61.9cm(南北朝時代)
21 有形文化財
(彫刻)
木造菩薩形坐像 logo8.gif 中津市本耶馬渓町西谷3063番地 雲谷寺
観音講中
S51.3.30 檜材 寄木造 玉眼 白毫 像高35.9cm(南北朝時代)
22 有形文化財
建造物(石造)
屋成家墓地国東塔 logo8.gif 中津市本耶馬渓町東屋形587番地 個人 S53.3.31

屋成家墓地石塔群の中の二基。

一号基 総高196cm(弘安五年:鎌倉期)

23 有形文化財
建造物(石造)
耶馬渓橋 logo8.gif 中津市本耶馬渓町曽木66番地の2、中津市本耶馬渓町樋田177番地の2 中津市 S56.3.31 長崎県に多い石積み方式を採用しているため、別名オランダ橋とも言われている。橋長116m。
24 有形文化財
(彫刻)
妙見堂木造妙見菩薩坐像 附 男女神像(二躯)・妙見菩薩像(一躯)・阿弥陀如来像(一躯)・菩薩形神像(一躯) logo8.gif 中津市本耶馬渓町曽木2087番地 青地区 S59.3.30  S61.3.31附一部追加指定 洞門駐車場より妙見岩を30分ほど登ると妙見窟にたどりつく。そこに設置している祠に安置されている。いずれも一木造りで肌の立体感があり平安時代の作風がよく表現されている。
25 有形文化財
(彫刻)
古羅漢石造観音菩薩坐像 附 木製五輪塔(一基)・紙本墨書光明真言種子(一紙)・納入人歯(右上顎第一臼歯)(一本)・石造仏像(八躯) logo8.gif 中津市本耶馬渓町跡田1052番地1 個人 H2.3.29 総高111cm。この観音菩薩石仏の左膝より一木造りの五輪塔(高さ7.4cm)が納入されていた。その五輪塔の底部に光明真言種子を墨書した紙片と人歯が納められていた。(天平17年)
26 有形文化財
建造物(石造)
羅漢寺橋 logo8.gif 中津市本耶馬渓町跡田7番地の2、中津市本耶馬渓町曽木1642番地の1 中津市 H3.3.26 三連アーチ石造橋
大正6年3月着工
大正9年9月竣工 橋長91m
27 史跡 青の洞門 中津市本耶馬渓町樋田、曽木 中津市 S17.8.10 菊池寛の小説「恩讐の彼方に」の舞台となり、禅海の名とともに有名である。  
28 史跡 枌洞穴 中津市本耶馬渓町今行799番地他 中津市 H2.3.29 縄文時代の洞穴遺跡。洞穴内からは67体の縄文時代の人骨や土器、石器、骨角器などが多数出土した。
29 天然記念物 高平のイワシデ林 中津市本耶馬渓町東屋形 個人 S54.5.15 本耶馬渓町の北東端、八面山の南側に群生している。
30 有形文化財
建造物(石造)
檜原山の梵字鳥居 中津市耶馬溪町大字中畑1422番地 正平寺 H15.3.31 神仏混合の桧原山正平寺にあり、仏教の梵字が彫り込まれている珍しい鳥居。
31 天然記念物 ブナの原生林 中津市耶馬溪町大字樋山路、中津市山国町中摩殿畑山国有林内 中津市
農林水産省
S28.4.20 ほとんど原生林的な様相を呈しており、現在では希少。森林生態学上注目される。
32 天然記念物 千本カツラ logo8.gif 中津市耶馬溪町大字中畑 中津市 S28.4.20 桧原山中腹にあり、高さ30m、下部の周り11mある桧原山で修行した役の行者が植えたとされるカツラ。
33 天然記念物 ゲンカイツツジ 中津市耶馬溪町大字津民2150番地他 中津市 S32.3.26 川原口一帯に多く、春三月頃に紫色の花を咲かせる別名「彼岸ツツジ」ともいわれるツツジ。
34 天然記念物 キシツツジ logo8.gif 中津市耶馬溪町山国川筋山移川合流点から三尾母川合流点にいたる河川敷四キロメートル 中津市 S32.3.26 山国川筋の山移川との合流点から下流へ4kmに多く自生し、、5月頃に紅色又は白色の花を咲かせる特殊なツツジ。
35 無形民俗文化財 桧原マツ 中津市耶馬溪町大字中畑 桧原まつ
保存会
S58.4.12 桧原山正平寺で行なわれる神仏習合の御田植際。
36 有形文化財
(工芸品)
新宮権現社鰐口 logo8.gif 中津市山国町草本407番地

新宮権現社

(歴史民俗資料館寄託)

S49.3.19 直径21cm、応永35年(1428)の銘を持ち、大分県内で発見されているものでは二番目に古い。
37 有形文化財
(工芸品)
新宮権現社懸仏(一五) logo8.gif 中津市山国町草本407番地

新宮権現社

(歴史民俗資料館寄託)

S50.3.28 この中の十一面観音像を留めたものは鎌倉後期か南北朝期のもの。
38 無形民俗文化財 鶴市傘鉾神事 logo8.gif 中津市相原ほか 鶴市花傘鉾
保存振興会
H21.3.17 お鶴・市太郎親子が人柱となった伝説が残る。神幸は1164年の始まりと伝わる。

39

史跡 中津城おかこい山 logo8.gif 中津市1904番地の1
(新魚町)ほか
自性寺 H21.3.17 中津城下町一帯を守るために築かれた土塁であり、最も残りがよいもの。九州の中では中津市にのみ残存している。
40 有形文化財
(古文書)
惣町大帳及び市令録 logo8.gif 中津市1367番地(片端町) 中津市 H22.3.30 中津町会所の記録。享保3年(1718)から文久2年(1862)までが現存。
41 史跡 相原山首遺跡 logo8.gif 中津市相原3000番地31 中津市 H22.3.30 古代の中津周辺をおさめた豪族達の累代墓。仏教需要の様相を解明するうえで重要な遺跡。

 42

史跡  長岩城跡 logo8.gif 中津市耶馬溪町
大字川原口
個人他  H23.3.29  野仲氏によって築城され、黒田長政に攻め落とされた中世の山城。大規模な石積み遺構を持つ。 
43 史跡 相原廃寺跡付塔心礎 中津市大字相原

個人

貴船神社

瑞福寺

H25.3.15 7世紀後半から末頃に建立された古代寺院の遺構。礎石や塔心礎が残る。
44 史跡 中津城跡 中津市1278番10ほか

中津神社

中津大神宮

城井神社

財務省

中津市

H26.2.14 天正15年(1587)に豊前六郡を拝領した黒田孝高によって整備が始まった九州最古の近世城郭。
選択文化財 
  種別 名称 所在地 所有者 指定年月日 摘要
 1  無形民俗文化財 中津祇園会  中津市龍王町・三ノ丁    S37.2.27   

 

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード  新しいウインドウで表示

このページについてお聞かせください