旅券法の一部が改正されます(記載事項訂正の廃止)

Google+でシェア
Facebookでシェア

公開日 2014年01月30日 00時00分

最終更新日 2015年03月27日 10時13分

 お持ちの旅券の有効期間中に、氏名や本籍地(都道府県)に変更が生じた場合、新しく作り直す方法と記載事項を訂正する方法どちらかを選択することになっていますが、平成26年3月20日(木)以降はそのうちの記載事項の訂正が廃止され「記載事項変更旅券」という新たな方式により新しい旅券が発給されます。

「記載事項変更旅券」の特徴

(1)新たな旅券を発行します。(元の旅券は失効し、旅券番号が変わります)
(2)有効期間満了日は元の旅券と同一です。
(3)変更後の氏名・本籍が顔写真ページやICチップに反映されます。
(4)手数料は6,000円です。

※ 申請から交付までの日数は、申請日を含めて9日(土、日、祝日、休日、年末年始を除く)かかります。

詳しくは外務省ホームページを参照、もしくは市民課市民係へお問合せください。

お問い合わせ

生活保健部 市民課
住所:〒871-8501 大分県中津市豊田町14番地3
TEL:0979-22-1118
FAX:0979-24-7522
備考:迷惑メール防止のため @ は _アットマーク_ と標記していますので変更してください

このページについてお聞かせください