「行事食~冬至~」食推さんのおすすめレシピ

Google+でシェア
Facebookでシェア

公開日 2016年12月19日 00時00分

最終更新日 2016年12月19日 15時07分

 毎月19日は食育の日です。食推さんとは、食生活改善推進員の略称です。「私たちの健康は私たちの手で」をスローガンに「食」を通して健康づくりと食育を推進するボランティアです。市内で約270名の推進員が活躍しています。男性料理教室やおやこ料理教室、郷土料理講習会、減塩料理講習会など様々な料理講習会を開催しています。講習会で提供された多くのメニューの中から、おすすめのレシピを紹介します。
 12月21日は冬至です。1年のうちで昼の時間が最も短い日です。冬至には、南瓜(なんきん)、大根、人参など「ん」のつくものを食べると「運」が呼び込めるといわれています。南瓜とは、かぼちゃのことで「冬至にかぼちゃを食べると風邪をひかない」といわれ、肌や粘膜を丈夫にするカロテンが豊富なかぼちゃを食べて寒い冬を乗りきるための昔からの知恵です。

34カボチャのグラッセ
 
 

かぼちゃのグラッセ

材料(2人分)

かぼちゃ120グラム、砂糖小さじ2、バター小さじ1、塩少々

作り方

1.かぼちゃは食べやすい大きさに切る。
2.全ての材料を耐熱容器に入れて、ラップをして600ワットの電子レンジで、2分~3分加熱する。

1人分の栄養量

エネルギー82キロカロリー、たんぱく質1.1グラム、脂質1.8グラム、炭水化物15.4グラム、塩分0.1グラム

ポイント

電子レンジで簡単にできる一品です。

お問い合わせ

生活保健部 地域医療対策課
住所:〒871-8501 大分県中津市豊田町14番地3
TEL:0979-22-1111(地域医療対策係 内線682・市民健康推進係 内線312)
FAX:0979-24-2342
備考:迷惑メール防止のため @ は _アットマーク_ と標記していますので変更してください

このページについてお聞かせください