大学連携推進補助金制度について

公開日 2018年05月01日

更新日 2018年06月15日

中津市では、大学の学生等がフィールドワークなど調査研究活動を通して中津市の魅力を体感していただくとともに、地域の課題解決に資する人材の育成や地域の活性化を図ることを目的として、平成30年度より支援制度を開始しました!
​市内には、「城下町の町並み」や「商店街」、「中山間地域」、希少種の宝庫「中津干潟」など、研究対象となる資源が様々あります。是非、多くの学生の皆さんに、地域に来て、直接地域の中で有意義な学びを行っていただき、その活動を地域づくりに還元してほしいと考えています。

フィールドワーク募集チラシ

過去のフィールドワーク1
現地の視察
(平成29年度の様子)
過去のフィールドワーク2
地域住民等との懇親会
(平成29年度の様子)
過去のフィールドワーク3
地域イベントへの参加
(平成29年度の様子)

補助金の概要

​補助対象の要件等について

  • 大学等の教員、学生等で構成する団体(以下「団体」と表記します。)が中津市内で行う調査研究活動(以下「事業」と表記します。)が対象です(※学生が参加しない事業は対象外)。
  • 中津市内の宿泊施設へ延べ人数5名以上宿泊することが必須です。民泊(住宅宿泊事業法の適用を受ける施設への宿泊のことを言います)も対象です。
  • 調査研究結果は、レポート(1ペーパー程度で可)または報告会などでご報告いただきます。

『フィールドワーク』だけでなく、『ゼミ旅行』や『講座旅行』などでも、レポート等で地域づくりに還元いただければ補助の対象となります!
​★お迎えからお見送りまで、活動に必要な中津市内での移動のサポートも行います!(※事前に相談が必要です。)

補助金の額

宿泊をした延べ人数に、2,000円を乗じた額とします。ただし、100,000円を限度とします。
(例 延べ人数10人の場合、2,000円×延べ10人=20,000円を交付します。)

 事務手続き

​交付の申請

団体の代表者は、事業を開始する日から起算して14日前までに次に掲げる書類を市長に提出するものとします。

  1. 交付申請書(様式第1号)
  2. 事業計画書(様式第2号)

交付の決定

中津市では、提出された書類の内容の審査を行い、補助金の交付の適否を決定します。補助金の交付を決定したときは、補助金交付決定通知書により団体の代表者へ通知します。

実績報告

団体の代表者は、事業が完了した日から起算して30日を経過した日又は事業実施年度の翌年度の4月30日のいずれか早い日までに次に掲げる書類を市長に提出するものとします。

  1. 実績報告書(様式第7号)
  2. 事業実績書(様式第8号)
  3. 宿泊証明書(様式第9号)

補助金の額の確定

中津市では、提出された書類の内容を審査し、補助金の額を確定し、補助金交付確定通知書により団体の代表者へ通知します。

補助金の請求

団体の代表者は、補助金の額が確定したときは、補助金請求書(様式第11号)により市長に補助金を請求するものとする。

 書類提出・お問い合わせ先

〒871-8501
大分県中津市豊田町14番地3
中津市役所 企画観光部 総合政策課 総合政策係
TEL:0979-22-1111(内線248)
FAX:0979-24-7522
E-mail:sogoseisaku@city.nakatsu.lg.jp

お問い合わせ

総合政策課
住所:〒871-8501 大分県中津市豊田町14番地3
TEL:0979-62-9031
FAX:0979-24-7522

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード

このページについてお聞かせください