AEDについて

Google+でシェア
Facebookでシェア

公開日 2018年09月30日 11時07分

最終更新日 2018年10月01日 12時54分

AEDって何?

AED使用イメージ

 テレビドラマなどでみる電気ショックの機械です。
 病気などで倒れた傷病者の心臓がけいれん(心室細動)を起こしている時に、電流を流して心臓の機能を正常に戻すために使います。
 電気ショックと心肺蘇生法を組み合わせることが重要です。
 講習は、消防署で実施しています。

AEDはどこにあるの?

AED設置施設一覧[PDF:182KB]
※民間事業所は後日アップいたします。

 一番近いAED設置場所までのルートは、中津ナビ(新しいウインドウで開きます)をご利用ください。

AED設置事業所のみなさまへ

 中津市管内における救急出動件数は、年間3,929件(平成29年実績)です。
 この中には、心臓が突然止まった人や、呼吸が止まりそうな人など、重症の傷病者も多く含まれています。
 もし、お近くでそのような傷病者がいた時は、あなたの事業所にあるAEDを貸してもらえませんか?
 救急車到着まで約8分、みなさまの事業所のAEDで尊い命を救うことができるかもしれません。
 AEDを設置している事業所のみなさま、中津市消防署への事業所登録にぜひご協力ください。

AED協力イメージ

お問い合わせ

消防本部 消防署
住所:〒871-0027 大分県中津市大字上宮永364
TEL:0979-22-0001
FAX:0979-22-0134
備考:迷惑メール防止のため @ は _アットマーク_ と標記していますので変更してください
PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード  新しいウインドウで表示

このページについてお聞かせください