国民健康保険税における軽減判定誤りについて

Google+でシェア
Facebookでシェア

公開日 2019年02月15日 17時22分

最終更新日 2019年02月15日 19時29分

 このたび、国民健康保険税の軽減判定所得の算定方法の誤りにより、一部の被保険者について、課税誤りがあることが判明しました。
 対象となる皆様には、多大なるご迷惑をおかけすることとなり、心からお詫び申し上げます。

1 内容

 国民健康保険税の均等割額及び平等割額の軽減判定(7割・5割・2割)所得の算定にあたり、青色申告による純損失の繰越控除の適用がある場合、地方税法第703条の5の規定により、専従者給与を経費として扱わない国民健康保険独自の繰越損失額を用いる必要があるところ、確定申告上の繰越損失額を用いて算定したことにより、一部の被保険者について誤った軽減判定が行われ、課税誤りが生じたものです。

1.減額 3件(3世帯) 108,500円 平成29年度から平成30年度までの2年分
2.増額 7件(7世帯) 170,000円 平成29年度から平成30年度までの2年分

2 原因

 国民健康保険税においては、軽減判定所得の算定が住民税と異なることについて、国保税担当者における法令の規定の理解不足が原因です。

3 今後の対応

 対象となる方へ、文書及び訪問によりお詫びと内容説明を行うとともに、減額となる方へは速やかに還付を行い、増額となる方へは本来の保険税の納付をお願いしてまいります。

4 再発防止策

 今後このようなことがないよう職員の法令解釈や確認作業を徹底し、適正処理に努めます。

(注)この事案を含め、市役所から電話で保険税の還付手続きを案内することはいっさいありません。もし、不審電話があった場合には、電話の要求には応じず、市保険年金課又は、中津警察署へご連絡ください。また、周りの方にも被害に遭わないよう、ご注意ください。

お問い合わせ

生活保健部 保険年金課
住所:〒871-8501 大分県中津市豊田町14番地3
TEL:0979-22-1111
FAX:0979-24-7522
備考:迷惑メール防止のため @ は _アットマーク_ と標記していますので変更してください

このページについてお聞かせください