「春の離乳食」食育レシピ

Google+でシェア
Facebookでシェア

公開日 2019年05月19日 09時00分

最終更新日 2019年05月19日 09時12分

毎月19日は「食育の日」です。食育は、子どもから大人まで生涯にわたって必要です。
今年度は、年代に応じた食生活のポイントやレシピを紹介します。家族や仲間と食卓を囲み、食べることの楽しさや大切さを考えてみましょう。
春の離乳食(キャベツ)
今回は春が旬の春キャベツを使った、美味しい離乳食をご紹介します。
キャベツにはビタミンUやビタミンCが多く含まれており、離乳食初期(5~6か月)から開始できる食材です。
<キャベツの調理ポイント>
 ・茎と葉は分ける(葉先の柔らかい部分から開始しましょう)
キャベツの下処理
<月齢に応じた大きさの目安>
 ・5~6か月児:すりつぶしてドロドロの状態
 ・7~8か月児:細かいみじん切り
 ・9~11か月児:粗いみじん切り
 ※左から9~11か月、7~8か月、5~6か月の目安
月齢に応じた大きさの目安
バナナキャベツ(5~6か月児)
バナナキャベツ
材料(1回分)

バナナ20グラム(6分の1本)、キャベツ10グラム(葉3分の1枚)

作り方

  1. キャベツは茎と葉を分ける。
  2. 葉を柔らかくなるまで茹で、なめらかにすりつぶす。(茹で汁はとっておく)
  3. バナナを加え、さらにすりつぶして混ぜる。(茹で汁で固さを調節する)

【作り方のコツ】
バナナは熟れたものが潰しやすいです。(ブレンダーやミキサーがあればよりなめらかになります)
固さはケチャップのようにトロッとするくらいが目安です。


白身魚のミルク煮(7~8か月児)
白身魚のミルク煮
材料(1回分)

鯛(白身魚)10グラム(切り身薄切り1枚)、じゃがいも10グラム(小8分の1個)、キャベツ10グラム(葉3分の1枚)、人参5グラム(少々)、牛乳(育児用ミルク)30グラム(大さじ2)、野菜のゆで汁30グラム(大さじ2)

作り方

  1. じゃがいも・キャベツ・人参は柔らかくなるまで茹でる。(茹で汁はとっておく)
  2. じゃがいもは5ミリ角に切り、軽くつぶす。
  3. キャベツと人参は細かくみじん切りにする。
  4. 鯛の切り身は熱湯で茹で、細かくほぐす。(すりつぶしでもよい)
  5. 小鍋に牛乳と茹で汁を入れて、2~4の材料を加え、ひと煮立ちさせる。

【作り方のコツ】
魚は刺身用の切り身が手軽で使いやすいです。(白身魚:鯛の他、ヒラメ、タラなど)
魚(たんぱく質中心の食材)は加熱すると固くなる性質があるため、最初はしっかり細かくすることが大切です。
牛乳は1歳までは加熱調理に使用します。(育児用ミルクでも可)


ポテトもち(9~11か月児)
ポテトもち
材料(1回分)

ツナ缶(油なし)15グラム、じゃがいも40グラム(中4分の1個)、キャベツ10グラム(葉3分の1枚)、人参5グラム(少々)、片栗粉4グラム(小さじ1)、サラダ油(適量)

作り方

  1. ツナ缶はしっかり汁気を除いておく。
  2. じゃがいも・キャベツ・人参は柔らかくなるまで茹でる
  3. キャベツ・人参を粗く刻む。
  4. じゃがいもは、粗く潰し、1・3・片栗粉を混ぜて一口大に形を作る。
  5. キッチンペーパーに油を染みこませて、フライパン全体に薄くひく。
  6. 4を並べて、両面を焼く。
  7. 水を少量加え、蓋をして、蒸し焼きにする。

【作り方のコツ】
一口大にする際に、厚くなりすぎないように注意。最初は1センチ角程度(写真中央参照)で用意し、少しずつ大きさを変えましょう。鶏ひき肉やきなこなど、じゃがいもに混ぜる食材は自由に変えてみましょう。

 

第2次食育指針
「なかつ食育指針」を実践して毎日の食生活を楽しく送りましょう

お問い合わせ

生活保健部 地域医療対策課
住所:〒871-8501 大分県中津市豊田町14番地3
TEL:0979-22-1111(地域医療対策係 内線682・市民健康推進係 内線312)
FAX:0979-24-2342
備考:迷惑メール防止のため @ は _アットマーク_ と標記していますので変更してください

このページについてお聞かせください