【受付は終了しました】新型コロナウイルス感染症対策中小企業等事業継続支援金について

公開日 2020年08月11日

更新日 2020年12月04日

中小企業者等事業継続支援金とは

新型コロナウイルス感染拡大により影響を受け、営業を自粛するなど売上が減少する中、事業活動の継続に取り組まれている市内の中小企業者等に対し、店舗又は事務所等の維持に必要な経費の一部を交付します。

同じ建物で新型コロナウイルス感染症対策中小企業等賃料補助金との重複申請はできません。

交付対象者

次の要件を満たす方

  1. 中小企業者であること。(小規模事業者を含む。)
  2. 中津市内に本社、本店その他事業拠点、事業所となる建物を所有し、当該所有建物において事業を営んでいること。
  3. 原則として、令和2年4月から9月までの期間のいずれかひと月の売上高が、前年同月比で30%以上減少していること。
  4. 市税等の滞納がないこと。

※建物がプレハブなどの減価償却資産、親子、親族等が所有する建物で、 自己所有建物と同様に租税や光熱水費等の固定費を負担している場合には、 対象となることがあります。
該当する場合には、申請書に次の資料を添付して下さい。また、これ以外で該当すると思われる場合はご相談ください。

  • 租税や光熱水費等の公共料金の請求書もしくは明細書等に、屋号、事業所の所在地の記載があり負担していることが確認できるもの
  • 確定申告書の専従者給与欄に所有者の記載があるもの

支援金交付額

一律10万円

※申請は1事業者につき1回まで

申請手続期間

令和2年11月30日(月)までに申請。

交付申請に必要な書類

交付申請書類一覧
No. 提出する書類
1 事業継続支援金申請書[XLS:82KB]
2

中津市内で事業を行っていることが確認できる書類

  • 次の写し等のいずれか
    • 営業許可証などの許認可証(申請日現在で有効なもの)
    • 開業届
    • 商業法人の履歴事項全部証明書
    • 確定申告書(直近の決算期のもの)
    • 会社定款

※前記の書類以外でも、確認できる書類があります。ご相談ください。

3

当該固定資産を所有していることがわかる書類

  • 次の写し等のいずれか
    • 固定資産課税物件明細書
    • 建物の登記事項証明書など

※建物がプレハブなどの減価償却資産、親子、親族等が所有する建物で、 自己所有建物と同様に租税や光熱水費等の固定費を負担している場合には、 対象となることがあります。ご相談ください。

4

売上高の減少が確認できる書類(令和2年4月から9月までの期間のいずれかひと月の売上高が、前年同月比で30%以上減少していること)

  • 次の写し等
    1. 確定申告書(直近の決算期のもの)
    2. 売上台帳
5

申請要件に係る誓約書[XLS:70KB]

6

事業継続支援金請求書[XLS:79KB](振込先:申請者の口座名義)

  • 申請者名義の通帳の写し

申請方法

「交付申請に必要な書類」をご準備の上、感染予防対策として、郵送をお願いします

郵送先

〒871-8501
 中津市豊田町14番地3
 中津市役所 商工・雇用政策課 あて

※郵送によることができない場合は、次の臨時窓口へ持参してください。

臨時窓口

郵送によることができない場合等は、次の臨時窓口までご持参いただいても受け付け可能です。

 中津市役所 3階 303・304会議室 

 受付時間:平日 9時~17時

補助金交付手続きの流れ

補助金交付手続きの流れ
No. 流れ
1 交付申請、請求
2 交付決定(不交付)・確定通知
 補助要件を確認し、通知します。
3 補助金の支払

国や県の支援制度については、「新型コロナウイルス感染症により影響を受けている事業者の方へ」でご紹介していますのでご覧ください。

お問い合わせ

商工・雇用政策課
住所:〒871-8501 大分県中津市豊田町14番地3
TEL:0979-62-9044
FAX:0979-24-4020

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード

このページについてお聞かせください