和田小学校4年生によるクリーンプラザの工場見学を実施しました。

公開日 2020年07月31日

更新日 2020年08月07日

 7月21日(火)「和田小学校」4年生の児童(31名)と先生方(3名)が中津市クリーンプラザの工場見学に来ました。

 児童たちは、びん・缶・ペットボトルの手選別の様子や煙突・埋立地・ごみのクレーンなどの施設内を熱心に見学しました。

見学後は、多くの質問が寄せられました。

Q:工場では何人ぐらいの人が働いていますか?
A:50人程度の人が働いています。

Q:ごみは1年間でどの程度の量になっていますか?
A:年間30900トンの量になります。1日当たり85トンの換算になります。

Q:工場はいつできたのですか?
A:平成11年4月からの運用です。

Q:ごみの処理費はどの程度ですか?
A:年間9億6千万円程度の費用です。一人あたり11500円の換算です。

また、見学者の児童からは、

  • 工場で色んなことを知った。ビンの色を区別しているなど。
  • 雑がみ、布などをリサイクルしているのが良かった。

と言った感想を伺うことができました。

児童の皆様には、ごみ分別に興味を抱いて頂き、今後のリサイクル活動に貢献されることを期待します。

最後に、8月からは、ペットボトルは、びん・缶とは別の日の収集となりますが、併せて、キャップとラベルを外していないもの、中を水洗いしていないものなど、適正分別がなされていないものは、収集できなくなります。 また、ペットボトルの単独収集にともない、その他のごみの収集日も変わりますので、いま一度「ごみ・資源カレンダー」をご確認ください。市民の皆様のご協力をお願いします。

お問い合わせ

清掃課
住所:〒871-0007 大分県中津市大字蛎瀬1366番地3
TEL:0979-24-5374
FAX:0979-26-1950

このページについてお聞かせください