第5回「中津学」が開催されました

公開日 2020年10月22日

更新日 2020年10月23日

 令和2年10月21日水曜日、中津市生涯学習大学第5回「中津学」がリル・ドリームで開催されました。今回の講師は、中津の歴史と文化を学ぶ会 会長 本徳 照光さんで、「上乗人江戸の旅」と題した講演でした。

 上乗人とは、幕府に年貢として米を納める際に、監視役として輸送船である廻米船に乗り込む農民の代表のことをいい、まじめで人柄がいい人が選ばれていたそうです。幕府領下毛郡藤木村(現在の中津市山国町)の園田冨右衛門も文久3年(1863)に上乗人に選ばれ、江戸まで年貢米を輸送しました。

 その時の様子を冨右衛門が書き残した『江戸回日記』を読み解きながら、当時の上乗人や同行した船乗りたちの苦労やよろこびを伝えました。

 参加者は、冨右衛門たちの江戸までの船旅に思いを馳せ聞き入っていました。

 「中津学」は4,8,1,3月を除く毎月第3水曜日午後1時半からりリル・ドリームで開催します。受講料は100円で、内容は、開催月の市報「なかつ」1日号に記載します。どなたでも受講できますので、ぜひお越しください。

◇第6回「中津学」のお知らせ
令和2年11月18日水曜日 午後1時30分~3時 リル・ドリーム
演題:「豊前中津の引札」の世界
講師:NPO法人中津地方文化研究所 副所長 近砂 敦 氏

お問い合わせ

社会教育課・生涯学習推進室
住所:〒871-8501 大分県中津市豊田町14番地3
TEL:0979-22-4942
FAX:0979-22-1492

このページについてお聞かせください