「冬場を迎えるにあたって」の感染防止対策のお願い

公開日 2020年11月17日

更新日 2020年11月17日

気温と湿度が下がることによる影響

  • ウイルスを含む飛沫が遠くまで飛びやすく、長く浮遊する
  • 体外に出たウイルスが長時間生存すると言われている
  • 暖房を入れるため、室内が「密閉」状態になりやすい
  • のどの粘膜の防御機能が低下するため、感染しやすくなる

冬場の流行を抑える取り組み

1.基本的な感染防止対策の徹底

  1. 入念な手洗いや咳エチケットの励行
  2. 正しいマスクの着用(症状がなくても着用を)
  3. フィジカルディスタンスの確保など「3密」の回避
  4. 新しい生活様式の実践

会食の際には、配席を工夫するなど、感染リスクを下げながら飲食を楽しみましょう

2.換気の実施

  1. 換気扇の使用など「機械換気」による常時換気の実施
  2. 「自然換気」の場合は、窓などを開けて換気を行いましょう

室温の目安は18℃以上

3.適度な保湿

加湿器の使用や洗濯物の部屋干しなどによる湿度の調整

湿度の目安は40%以上

発熱などの風邪症状がある場合の医療機関の受診方法

  1. まずは「かかりつけ医」など身近な医療機関に電話相談してください
  2. どこの医療機関に相談するか迷う場合には、次に電話相談してください
    中津市新型コロナ電話相談窓口 0979-22-5551(平日9時~17時)
    受診相談センター(大分県) 097-506-2755(24時間対応)

お問い合わせ

地域医療対策課
住所:〒871-8501 大分県中津市豊田町14番地3
TEL:0979-22-1170
FAX:0979-24-2342

このページについてお聞かせください