第6回「中津学」が開催されました

公開日 2020年11月19日

更新日 2020年11月19日

 令和2年11月18日水曜日、中津市生涯学習大学第6回「中津学」がリル・ドリームで開催されました。今回の講師は、NPO法人中津地方文化研究所 副所長 近砂 敦さんで「『豊前中津の引札』の世界」と題した講演でした。

 引札とは、江戸時代に誕生した広告媒体のことをいいます。現在のチラシ広告のようなもので、日本の広告文化の基礎を築いたとされています。中津市では50枚以上もの引札が発行されており、発行された時代や場所を調べることで近代中津の産業の移り変わりを知ることができます。「西の博多 東の中津」と言われたほどに商業の発展を遂げた中津は、全国でも例を見ないほど多くの引札が発行されたそうです。

 参加者は、近砂さんにご提供いただいた数多くの引札の写真を見ながら発行の背景について話を聞き、当時の中津の繁栄ぶりに思いを馳せていました。

 「中津学」は4,8,1,3月を除く毎月第3水曜日午後1時半からリル・ドリームで開催します。受講料は100円です。内容は、開催月の市報「なかつ」1日号に記載します。どなたでも受講できますので、ぜひお越しください。

◇第7回「中津学」のお知らせ
令和2年12月16日水曜日 午後1時30分~3時 リル・ドリーム
演題:「譜代大名 中津藩・小笠原家の光芒」
講師:吉富歴史文化の会 会長 太田 榮 氏

お問い合わせ

社会教育課・生涯学習推進室
住所:〒871-8501 大分県中津市豊田町14番地3
TEL:0979-22-4942
FAX:0979-22-1492

このページについてお聞かせください